スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京ディズニーシー

2013年12月11日 16:01

日曜日はディズニーシーへ行ってきました。

sea7.jpg

約一年ぶりに訪れるディズニーシー。
クリスマスシーズンに行くのは初めてです
ドキドキ、ワクワク

sea1.jpg

園内に入ると、巨大なツリーがお出迎え
クリスマスムードが高まります

まずはインディ・ジョーンズのファストパスを取りました。
ファストパスは整理券のようなもので、指定された時間に行けば並ばずにスムーズに乗れます。
ファストパスの時間が来るまで、海底2万マイルなどあまり時間待ちをしないアトラクションに乗ったり、ショーを鑑賞しました。

sea11.jpg

テーブル・イズ・ウェイティングを鑑賞。
ミッキーが世界中から持ち帰ったお土産を紹介する、というコンセプトのショーです。
スイーツなドレスを着たミニーが可愛かった

sea2.jpg

最後にはごちそうが登場

sea14.jpg

ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート。
ディズニーリゾート30周年のクリスマスをお祝いする楽しいショーです。

sea13.jpg

ディズニーシーのオリジナルキャラクター、ダッフィーの姿も

sea3.jpg

ダッフィーのガールフレンド、シェリーメイ。

sea12.jpg

ランプの魔人、ジーニー。
目の前にいたので、かなりドアップに…。

sea15.jpg

ショーが終わる頃には次のファストパスが取れる時間になっていたので、トイ・ストーリー・マニアに向かったのですが、すでにファストパスが終了していました…。
人気アトラクションは早めにファストパスが終了しまうようです。
とりあえず入口で記念撮影。

sea29.jpg

タワー・オブ・テラーの前にあったツリーで。
絶叫系が嫌いな子がいたので、タワー・オブ・テラーは乗りませんでした。
実は私も、ああいう系は乗れなくはないけど、ちょっと苦手・・・。

sea16.jpg

マーメイドラグーンのツリーはサンゴモチーフになっていました。
sea8.jpg

プロメテウス火山をバックに記念撮影。
はりきってミニーの耳付き帽子を持っていったのですが、他の誰もかぶっていないという…。
友人たちと若干の温度差があっても気にせず、ディズニーシーをたっぷり満喫することにしました。

やがて、インディ・ジョーンズのファストパスの時間になったので、クリスタルスカルの魔宮へ。
やっぱり、人気アトラクションに並ばずに乗れるのは嬉しいです。

sea19.jpg

アトラクションに乗っている時の決定的瞬間

その後、ストームライダーとマジックランプシアターのファストパスを立て続けに取り、時間が来るまで空いてるアトラクションに乗ったり、買い食いしたり。

sea17.jpg

キャラバンカルーセルは20分待ちで乗れました。
ラクダやゾウ、グリフィン、ジーニーなどが回る2層式のメリーゴーランドです。

sea26.jpg

リトルグリーンまん。
トイストーリーに出てくるキャラのおまんじゅうです。
抹茶、カスタード、ストロベリークリーム入り。

sea27.jpg

チャンドゥテール。
トラのしっぽ型になっているチキンクリームまんです。

sea10.jpg

Mr.インクレディブルがいたので、記念撮影してもらいました。

ミッキーやドナルドなど、人気キャラは園内にうろついておらず、写真を撮るためにはキャラクターのいる場所まで行って40分~1時間くらい並ばないといけません。

マイナー系キャラであれば、園内のいたるところに出現しています。

sea4.jpg

ピノキオを発見したので、すかさず記念撮影タイム

sea24.jpg

ピノキオを作ったゼペットおじさん。

sea25.jpg

ピノキオの友達のコオロギ。
ジミニー・クリケットという名前らしいです。


こんな具合に、ディズニーシーを満喫していくうちに、他の友人たちの心境に変化が・・・。

sea22.jpg

お土産売り場で、かぶりものを試着し始めた友人たち。
どうやら、本気でディズニーの世界に足を踏み入れてしまったようです。

試着をしていると、店員さんが「写真を撮りましょうか?」と申し出てくれました。

普通は、購入前の商品で撮影するのはご法度ですが、店員さんのほうから申し出てくれるなんて、ディズニーリゾートのサービス精神に感動です。

しかも、写真まで撮ってもらったのに買わないし……。

sea5.jpg

結局、みんなが選んだのはコレ。
かぶりもの仲間が一気に増えて嬉しいです。

sea23.jpg

やがて、夕方になり夜のショー「ファンタズミック!」がスタート。

sea6.jpg

ミッキーがドラゴンをやっつけている瞬間。


夜のディズニーシーもとてもキレイだったのですが、朝からはきりって撮影しまくっていた結果、カメラの電池が切れてしまいました……。

sea30.jpg

携帯カメラで撮影。
ライトアップが美しいです。

sea31.jpg

ミッキー&ミニーのライトアップ。


が、しかし iPonenもあっけなく充電切れに……。

ディズニーに行く時は、カメラも携帯も予備のバッテリーを持っていく必要があることを悟りました。

次回の教訓にします。


朝から閉園22時までフルにいた結果・・・

乗ったアトラクション

インディ・ジョーンズ(ファストパス)
マジックランプシアター(ファストパス)
ストームライダー(ファストパス)
海底2万マイル(待ち時間5分)
キャラバンカルーセル(待ち時間20分)
フライングフィッシュコースター(待ち時間5分)
ジャンピン・ジェリーフィッシュ(待ち時間5分)
アクアトピア(待ち時間20分)
エレクトリックレールウェイ(待ち時間20分)

合計9つ

観賞したショー

ホリデーグリーティング・フロム・セブンポート
テーブル・イズ・ウェイティング
ファンタズミック!
ハピネス・オン・ハイ

計4つ

クリスマスの混雑期に行った割には、かなり満喫できたのではないかと思います。

次は超久しぶりにディズニーランドへ行きたい

スポンサーサイト

フクロウCafe

2013年02月23日 21:24

今日は月島にあるフクロウcafeに行ってきました。

huku6.jpg

店内には、いろんな種類のフクロウたちが勢ぞろい。
フクロウは手に乗せて触れ合うことができます。

huku2.jpg

真っ先に心惹かれたのが、ススガオメンフクロウのカツヲちゃん。
お店でも一番人気らしいです。

huku1.jpg

真ん丸の瞳がとってもキュート。
見ているだけで癒されます。

huku3.jpg

店内で一番大きかった子。
置物みたいに全く動きませんでした。

huku5.jpg

仲良し2匹。

huku8.jpg

ヒナ鳥もいました。
毛がほわほわで可愛い~

huku12.jpg

おとぎ話に出てくるフクロウはこういうイメージ。

huku14.jpg

お店の人に、気になる子をリクエストすると、手に乗せてくれます。

huku15.jpg

小さい子は、グローブなしでも大丈夫。

huku16.jpg

最終的に一番のお気に入りだったのが、ウサギフクロウ。
頭にウサギの耳みたいなのが生えてる、とても珍しい種類です。
肩に止まって「ピヨピヨピヨ…」って小鳥みたいに鳴いていたのが、とても可愛かったです。

店内はとても清潔感があって、獣臭も全然なくて、とても居心地がよかったです。
お店が狭くて一度に8人しか入れないので、今日は開店前から行列ができていました。
ワンドリンクオーダーで、一時間たっぷりフクロウと触れ合えます。

すっかりフクロウの虜となり、また訪れたくなりましたが、
このままハマってしまったら、本気でフクロウを飼いたくなりそうです。

フクロウの寿命は犬よりずっと長くて、
一番大きい子は40年くらい生きるそうです。

鳥の羽は硬いイメージだったのですが、フクロウの羽はふんわりやわらか。
おとなしいし、意外と飼いやすいかもしれません。

でも、猛禽類なので餌は冷凍ウズラを与えているそう。
子供の頃、ウズラのヒナを飼っていたことがあるので、ちょっと複雑な心境ですが…。

東京ドイツ村イルミネーション

2012年12月24日 17:43

連休2日めは、イルミネーションツアーに参加。

1223tdm6.jpg

バスの車窓から眺めた夕暮れ間近の都心のビル群。
これから、千葉方面に向かいます。

1223tdm7.jpg

海ほたるに到着。

1223tdm8.jpg

夕暮れの海は、とってもロマンチック

でも、楽しみはまだまだこれから

……と思ったら、目的地間近ですごい渋滞にハマり、全く動かない状況に

そのまま3時間くらい過ぎ去り、本当に目的地に到着できるのだろうか、と不安に。

1223tdm9.jpg

ようやく到着した、東京ドイツ村。
関東三大イルミネーションに認定されています。
バスから降りる時間が待ちきれなくて、まず車内から撮影。

1223tdm14.jpg

イルミネーションの全景です。
ここまで広大なライトアップはいまだかつて見たことがありません。
到着したのが閉園間近であまりゆっくり見ることができませんでしたが、とにかくたどりつけてよかった。

1223tdm2.jpg

この見事なイルミネーションには、約200万個のLED電球が使用されているそう。

1223tdm12.jpg

観覧車の柱がツリーになっているところもステキでした。

1223tdm3.jpg

圧巻だったのは光のトンネル。
くぐっているときがテンションMAXに。

1223tdm4.jpg

7色の光の絨毯にうっとり

1223tdm13.jpg

ピンボケの写真もなんだかおしゃれな雰囲気。

1223tdm1.jpg

白いシャボン玉みたいなのがふわふわ飛んでいました。
指先で触れてみると・・・

1223tdm10.jpg

ポンと弾けて、シュワシュワ消えてなくなりました。
ドライアイスでできているようです。

夢のような時間はあっという間に過ぎ去りましたが、
時間をかけてはるばる来た甲斐がありました。

1223tdm11.jpg

帰りも渋滞を予想していましたが、思いのほかスムーズに都内に着きました。
車窓から東京タワーの姿をキャッチ。

渋滞という魔物に遭遇したものの、
すばらしいライトアップを見学できたので満足です。

セレブなナイト♪

2012年12月23日 01:11

金曜の夜は、セレブなパーティーに潜入。
周囲がやたら金持ちばかりという、ちょっと謎めいた美女の友人が誘ってくれました。

1221party4.jpg

パーティー会場はこちらのホテル。
庶民な私は、今までここを「お台場に行くと見える、ちょっと変わった形のホテル」くらいしか認識していなかったのですが、
今回、HPで調べたみたところ、会員制の高級リゾートホテルであることが判明しました。
会員権のお値段ははランクによって異なりますが、1,000~4000万円くらい。
このご時世に、こういうホテルの会員になる人は、一体どんな人種なのか興味津々です。

1221party1.jpg

パーティーの様子です。
美女の友人が声をかけて集めた女性たちと、ここのホテルの会員さん及び友人の方々の懇親会でした。
友人が集めた女子たちはみんなアラサー美女ばかりで、もしかすると私が一番最年長かもしれない…。
一人だけ場違いですいませんと申し訳ない気持ちに。

ちなみに、今回パーティーに来ていた会員さんのスペックは、会社社長、歯科医、弁護士。
やはり、社会的に地位のある方ばかりでした。

既婚のオジサマばかりかと思いきや、独身の方も結構いて、
婚活の身にとって、これは絶好の狩場かもしれないと一瞬思ったのですが
すぐに、私なんか相手にされるはずもないという自虐心が芽生えてしまって、
結局、連絡先を交換するチャンスもなく時が過ぎていきました。

1221party2.jpg

懇親会の後は、上の階にあるBarでまったり。
写真の矢印の、光が漏れている部分がちょっと気になっていたのですが、
Barの中に噂ののぞき窓がある、ということで早速見物してみました。

1221party3.jpg

のぞき窓を見下ろしているところ。
高所恐怖症なので、足がすくみました

1221party5.jpg

高級外車を何台も所有し、お金が有り余って仕方ないという社長さんが「いいよ」と言ったので
光るドンペリを注文~
こんなの、はじめて見た

光るヒミツは、ボトルの底にあります。
スイッチがついていて、押すとラベルがライトアップ

1221party6.jpg

ドンペリを持って、記念撮影

1221party8.jpg

ドンペリのクーラーボックスも、なんだかオシャレ。

1221party9.jpg

ちなみに、夜景が見渡せる窓際の席はカップルシートになってました。
デートでこんなステキな場所に連れて行ってもらえたら最高ですね

1221party7.jpg

女子たちとツリーの前で記念撮影。
ふと思ったのですが、iPhoneは暗がりの撮影はあまり上手く撮れません…。
ナイトシーン用のカメラアプリとかあるのかしら?

1221party10.jpg

今回もプレゼント交換があり、私が当たったのはクリスマスの飛び出す絵本でした。
こういうオシャレなプレゼントを買うあたりも、やっぱセレブは違う~って思いました。

1221party11.jpg

ページを開くごとに「おぉ~!」と歓声をあげてしまいます。

1221party13.jpg

もはや、芸術の域に達しています。
毎回、プレゼント交換では微妙なものが当たることが多いのですが
今年はジパンシイのリップや絵本など「アタリ」なプレゼントもあって嬉しいです。

こういうセレブなパーティーは普段は全く体験できないので、
今年の終わりにいい思い出ができました。
つかの間ながらも、お金持ちの生態を観察できたのも興味深かったです。

上信電鉄999号

2012年08月17日 20:22

帰省2日めは、高校時代の友人に会うため、電車で高崎へ。

地元の駅から高崎までは、上信電鉄というローカル線が通っています。
そして、一日に何本か、銀座鉄道999とコラボした車両が走っているのですが
狙ったわけでもないのに、毎回999号に当たる確率が高いです。

999号については、過去にも何度かブログに掲載したことがありますが、
今回は外観から内観まで、じっくり紹介したいと思います。

815taka1.jpg

まずは外観。
メーテルがど~ん

815taka2.jpg

哲郎など、他の主要キャラも登場しています。

815taka3.jpg

逆サイドもメーテル。
やはり、メーテル人気は不動のよう。

815taka4.jpg

正面は、松本零士先生の似顔絵キャラ?

815taka5.jpg

続いて、内観です。
天井には案の定、巨大メーテルが。
先頭車両のメーテルは、松本先生のサイン入り。

815taka6.jpg

富岡製糸場を世界遺産にという願いを込めて。

815taka7.jpg

車内は999一色です。
これだけファンタジーな車両なんだから、さそがし観光客が多いだろうと思いきや
利用しているのは、ほとんど地元の人たち。
製糸場が本当に世界遺産に登録されたら、もっと観光客が増えるのかもしれませんが。。。

刺激的ナイト

2012年07月22日 01:14

金曜日の夜は、銀座へGO

720porl3.jpg

ミラーボールが煌めく、スタイリッシュなBARが舞台です。

BARでお酒をまったり飲んでいると・・・

720porl5.jpg

突如出現した、近未来的コスチュームのダンサーたち。
なんだか、レディー・ガガっぽい。

720porl6.jpg

パフォーマンス、スタート。

720porl1.jpg

過激な組体操。

720porl7.jpg

カウンターのダンサーが、至近距離すぎてドギマギしました・・・

720porl8.jpg

目の前で見るポールダンスは、迫力満点

[広告] VPS

写真だといまいちスゴさが伝わらないので、動画も貼っておきます。

720porl9.jpg

後半は、ジュリアナ東京のミュージックとともにボディコンギャルが登場。

720porl2.jpg

ポールダンスをちゃんと見たのは初めてだったのですが、
これは想像以上に筋肉を使うダンスだと思います。
ダンサーたちの、鍛え抜かれた筋肉は、本当に見事でした。

何にでも影響されやすい私は、これを機に筋肉を鍛えたいな~、と思いました。
面倒臭がりなので、おそらく実行できないですが・・・。

ルミネ新宿&エキストラ

2012年04月30日 00:10

世間ではGWに突入していますが、今日は仕事があったので、まだ帰省をせずに東京にいます。

120429_1206~01

今日は新宿で用事があったので、久しぶりにルミネ2に立ち寄ってみたらラデュレができていました。
ラデュレのマカロンを初めて食べたのは、今から4年前のパリ旅行の時。
その時はまだ、ラデュレの店舗は日本になくて、「この世にこんなに美味しいマカロンがあったんだ」って感動した覚えがあります。
その後、すぐにラデュレは三越銀座に出店し、今では雑貨とかコスメとか幅広く展開しています。
新宿ルミネには最近オープンしたっぽいです。
しかし、日本にお店ができても、お値段が高いので、そう簡単に食べられるわけではないですが

120429_1112~01
トイレに立ち寄ったら、鏡にウサギが出現
リニューアルしたルミネは眠れる森の美女をイメージしていて、森やバンビ、ウサギなどをモチーフにした内装がとってもかわいかったです。
新ルミネのコンセプトはコチラ

120429_1105~01

今日は暑かったので、ルミネに入っていたDEAN&DELUCAでレモネードを買いました。
ついこないだまでコートを着ていたのに、今日は初夏の陽気でしたね
もう5月なんだ、と実感しました。


どうでもいいご報告

ruby.jpg

ルビー連れでエキストラに参加したドラマが放映されました。
ほんの一瞬だけ映っていて、ちょっと感動
どのシーンに出るか分からなかったので、ひたすら目を凝らして見てたら、動体視力のトレーニングにもなりました(笑)
ルビーはダックスにしては胴が短いのですが、遠目で見るとやはりダックスのシルエットをしているなぁ~と、今更ながら気づくことができました。

今日もヒカリエへ

2012年04月27日 23:34

今日も駅に行く用事があったので、ヒカリエに立ち寄りました。

427hika1.jpg

店内は、昨日ほどの混雑ではありませんでしたが、パティスリー・サダハル・アオキ・パリは行列ができていました。
みんなのお目当ては焼マカロンで、店頭には青木氏の姿もありました。
どんな食感なのか気になります。

427hika4.jpg

地下にはスーパーもありました。
普通のスーパーよりも高級感あるように見えるのは、贅沢な配置にあると思います。
こんな風にオレンジがたっぷり積まれた売り場って、あまり見かけないので。
イメージ的には紀ノ国屋に近い?

427hika2.jpg

興味深い店を発見しました。
アメリカンなドラッグストアで、今は10%オフのキャンペーンを開催中です。

427hika3.jpg

この機会にまとめ買いをしました。
ファッション、コスメ、スイーツのお店だけでなく、スーパーやドラッグストアなど生活に密着するお店が入っていると、帰りにふらりと立ち寄ろうという気になります。

だけど、最近はヒカリエだけでなく、各地で新店が続々オープンしていますよね。

120425_1209~01

最近、原宿にOPENしたTOKYU PLAZA。
まだ中に入ったことありませんが、中に森っぽい憩いのスペースがあるのが気になります。
犬連れで入れればいいのですが。
近々チェックしに行ってみようと思います。

明日はお台場の新スポット、ダイバーシティに行く予定。
来月はいよいよスカイツリーがオープンするし、今からワクワクしています。

ヒカリエOPEN&渋谷東口のお店

2012年04月26日 16:56

本日、渋谷の新ランドマークである「ヒカリエ」がOPENしました

422eye8.jpg

オープン数日前に撮影したヒカリエの全景です。

426hikari2.jpg

ヒカリエの正面入口です。
入口前にはテレビクルーがいて、情報番組でよく目にするイケメンアナウンサーの姿もありました。

426hikari3.jpg

入り口にはたくさんのお花。

426hikari4.jpg

初日のため、店内はかなり混雑していました。
年配の方、サラリーマン、若い女性などなど。
平日の昼間なのに、すごい賑わい。

426hikari6.jpg

店内の様子です。
個人的には雑貨売り場がお気に入り。

426hikari7.jpg

コンランショップの内観。
混雑してなければ、もっとゆっくり見ることができるのにな~と思いました。

426hikari8.jpg

上の階にはダイニングフロアもありました。

426hikari9.jpg

副都心線と直結しているので、駅からのアクセスも楽々。

426hikari1.jpg

人混み嫌いの私が、なぜ開店初日に訪れたのかというと、
ヒカリエ×SEE BY CHLOE×InRedのトリプルコラボバスタオルを手に入れるため。
携帯メルマガ読者限定で、先着一万人にプレゼントするキャンペーン中なのです。
少し並びましたが、無事ゲットできてよかったです。
デザインも可愛くて気に入りました

ヒカリエの中はざっくり見ましたが、結局人混みに圧されて何も買えず・・・。
話題のお店は行列ができていました。
落ち着いた頃合いを見計らって、また訪れたいと思います。

426hikari11.jpg

ヒカリエ内のレストランで食事をすることは諦め、近くのタイ料理屋さんでランチしました。
渋谷駅東口って、ヒカリエができるまではパッとしなかったので、近辺の飲食店はあまり入ったことはありませんでした。
でも、探せば意外と面白いお店があることが判明。
このタイ料理屋さんも、店員さんが全員現地の人っぽくて、オーダーしたトムヤンクンラーメンはかなりスパイシーでした。

426hikari12.jpg

店内に飾られていた木彫りの壁掛け。
一体、ゾウさん何頭いるのでしょう・・・??

426hikari13.jpg

他にも、こんな気になるお店が
ヒカリエOPENでにわかに活気づいた渋谷東口で、あえてマニアックなお店を開拓するのも楽しそう。

426hikari14.jpg

渋谷東口といえば、忘れてはいけないのが、行きつけの古着屋さん。
今日もヒカリエ散策の帰りに立ち寄り、戦利品をゲット。
マキシ丈のシャツワンピってあまり見かけないので、即買い決定
実際に着てみたら、フレアシルエットで可愛かったです。
お値段は800円でした。

ヒカリエで最新の洋服を見ても、実際に買うのは安物ばかり。。。
それが私の生きる道なのだ、と開き直っています。

六本木 香和

2012年02月11日 18:58

金曜の夜は、六本木へGO。

210kagu1.jpg

ニューハーフショーで有名な六本木 香和へ行ってきました。

ショーは残念ながら撮影NG。
豪華絢爛なショーの演出と、その辺の女性よりも断然美しいニューハーフの方たちにうっとり見惚れ、大変見応えありました。
和をモチーフにしたショーなので、ダンサーの衣装が和風だったのも興味深かったです。

210kagu2.jpg

ショーが終了すると、撮影OKに。
ひとりひとりダンサーの紹介があって、気に入った人にチップを渡すことが可能です。

210kagu3.jpg

ステージで記念撮影をすることも可能です。

210kagu4.jpg

出演していたダンサーを席に招いて、一緒に飲むこともできます。

210kagu5.jpg

記念写真はポストカードにしてもらうことができます。

こういうキャバレーっぽい場所には普段めったに行く機会がないので、大人の階段を3段飛ばしくらいで一気にかけ上った気持ちになりました。

すべてが新鮮&刺激的で、よい社会勉強になりました。

東京ディズニーシー

2012年01月17日 01:52

日曜日は、東京ディズニーシーに行ってきました。

105disney1.jpg

今年で10周年を迎えるTDS。
何気に訪れるのは初めてです。

105disney2.jpg

最初に人気アトラクションの「タワー・オブ・テラー」に行こうとしたのですが、2時間待ちだったので夕方のファストパスを取りました。

105disney3.jpg

次に訪れたのは大型客船のS.S.コロンビア号。

105disney4.jpg

ウミガミのクラッシュがお客さんと掛け合いトークをする、「タートル・トーク」を鑑賞しました。

105disney5.jpg

その後は、ショーを鑑賞。

105disney6.jpg

園内のところどころに、10周年を記念するモニュメントが設置されていました。

105disney7.jpg

次にチャレンジしたのは、空飛ぶ絨毯です。

105disney8.jpg

これから出発するところ。
あまりの寒さに、豹柄のミッキーCAPを購入してしまいました。

105disney9.jpg

フライングカーペットは、「花やしき」の乗り物並のクオリティです。

105disney10.jpg

続いて、シンドバッドの冒険へ。
これは、ディズニーランドの「イッツ・ア・スモールワールド」を彷彿とさせました。

105disney11.jpg

せっかくなので、記念撮影。
ヒョウ柄の被り物に赤コートはかなり目立ってます、、、。

105disney12.jpg

肉を食らうカラスを発見。
ディズニーランド&シーは、カラスを寄せ付けない超音波を発しているという噂を聞いたことがあるのですが、ただの都市伝説だったのでしょうか?

105disney13.jpg

「Mr.インクレディブル」に出てくるキャラがいたので記念撮影。
花形スターのミッキーやドナルドには出会えませんでした。

105disney14.jpg

ダッフィーのお店のショーウインドー。
ダッフィーはミッキーマウスが持っているテディベアで、シーにしか売っていないみたいです。
シーに来ている人はダッフィーを持っている人が多かったです。
テディベアには興味がありませんが、みんなが持っているとつい欲しくなってしまいます。
暖かい被り物もそうですが、ディズニーシーにはつい欲しくなってしまうアイテムが満載。
商品開発をしている人は本当にすごいと思います。


その後、「海底2万マイル」「センター・オブ・ジ・アース」「ストームライダー」などいろんなアトラクションに乗り、最後に本日のメインである「タワー・オブ・テラー」を体験しました。
「タワー・オブ・テラー」はエレベーターが落下する絶叫系のアトラクションで、今の時期は落下数が増えるスペシャルバージョンになっていたのですが、思ったより怖くありませんでした。
正直、「花やしき」の落下マシンのほうが、外の景色が見える分、怖かった気が。。。

ディズニーシーのアトラクションは子供でも楽しめるよう、カレーで例えると「甘口」になっています。
本格的な辛さを求めるなら、富士急ハイランドに行くべきなのでしょう。
しかし、アトラクションの設計や演出にはすごく凝っていると感じました。

105disney15.jpg

最後にシーの目玉であるショーを鑑賞。
光や花火を駆使した見応えあるショーでした。

105disney16.jpg
105disney17.jpg

張り切って一眼レフを持っていったのですが、夜の撮影はやはり難しい。。。

105disney18.jpg

出入り口にある10周年のミッキーの像。
夜はキレイにライトアップされています。

帰りはお土産を購入し、閉園の20時ギリギリまでいました。


今回購入したのは、、、

105disney19.jpg

お菓子いろいろ。

105disney20.jpg

ダッフィーのガールフレンド、シェリーメイのぬいぐるみチャーム。


105disney21.jpg

アリス柄のハンカチ。


ディズニーランドも10年以上訪れていないので、今年中に行きたいなと思っています。
次は平日に行きたいな。

深大寺

2011年10月14日 14:39

昨日は、ルビーを連れて深大寺へ。

1013sin1.jpg

調布から深大寺行きのに乗りました。
調布には水木先生が住んでいるので、バスに鬼太郎が描かれていました。

1013sin2.jpg

深大寺に到着し、まずは陶芸のお店へ。

1013sin3.jpg

ここで、犬の足型入りの器を作ることができるのです。
早速チャレンジ

てっきり、柔らかい粘土に足型をとって作ると思っていたのですが、すでに器はかちかちの状態でした。
肉球を好きな絵の具で着色し、スタンプみたいに器に押して作ります。
ルビーが嫌がって暴れたので、かなり難しかったです。

1013sin4.jpg

アートが完成した状態です。
小学生の工作並の出来になってしまいました、、、。
特に左の小皿は、足型を押している時にルビーが動いたために汚くなってしまい、それをごまかそうと上から絵の具を足したり、周りに色をつけていくうちに、どんどん収拾がつかなくなってしまいました、、、。

1013sin5.jpg

器と一緒に記念撮影。
焼くのに20分ほどかかるので、次の目的地へ。

1013sin6.jpg

焼き上がった完成品です。
焼けばそれなりによく見えるかもしれない、という淡い期待があったのですが、想像通りの出来栄えでした。
ちなみに、制作代金は小皿が300円、プレートが200円、合計500円とかなりリーズナブル。

1013sin7.jpg

器を焼いている間は、鬼太郎茶屋を見学しました。
私が深大寺に行こうと思ったのも、この茶屋に行きたかったからです。

1013sin8.jpg

鬼太郎&ねずみ男と一緒に記念撮影。

1013sin12.jpg

2階がギャラリーになっていて、水木しげる漫画によく出てくる「メガネ出っ歯の男」の特集をしていました。
決して目立たないけど、何か気になっていた存在だったので、とても興味深かったです。

1013sin13.jpg

妖怪に翻弄されるメガネ出っ歯の男のイラスト。

1013sin14.jpg

水木先生の等身大パネルを発見。
「ゲゲゲの女房」は見ていませんでしたが、時折テレビで見かける水木先生のマイペースっぷりには注目しています。

しかし、、、水木先生のスリーサイズなんて、知りたい人いるのでしょうか??

1013sin15.jpg

四角い穴の開いた襖があったので、中を覗いてみることに。

1013sin16.jpg

河童さん発見

1013sin17.jpg

こちらには、すまちゃんの姿が

他にも毛の生えた蜘蛛など、おどろおどろしい姿の妖怪が潜んでいましたが、あまり可愛くなかったので割愛させて頂きます。

1013sin20.jpg

小腹が減ったので、1階の茶屋で目玉親父のクリームぜんざいを注文しました。
テラス席なら同伴OKです。

1013sin11.jpg

テラスにあったベンチ。
何の変哲もないベンチに見えますが、よく見るとぬりかべの目が、、、。

1013sin9.jpg

庭に妖怪たちが大集合したパネルがありました。
ねこ娘の顔が、けっこう怖い、、、。

1013sin10.jpg

ぬりかべと一緒に記念撮影。

1013sin18.jpg

鬼太郎茶屋のバンです。

1013sin19.jpg

休憩後は、1階のショップでお買い物。
かわいい手ぬぐいがありましたが、いろいろありすぎて柄が選べず、購入を断念。。。


今回購入したのは、

1013sin21.jpg

お椀クッキー。
目玉親父柄のお椀がついています。

1013sin22.jpg

いったんメモ。
一反木綿の形をしたかわいいメモです。
ネーミングセンスもGOOD。

今回はあまり時間がなくて、陶芸と鬼太郎茶屋しか巡れなかったのですが、
深大寺の境内も犬OKだし、他にもドッグランがあったり、いろいろ楽しめるスポットがあるので、今度時間がある時にゆっくりと巡りたいと思います。

陶芸も、今度はしっかり構図を考えて、リベンジしたいですね。

妖怪ツアー [後編]

2011年06月07日 22:37

妖怪ツアーの後半も、いろんなスポットを巡りました。

お昼の後、柴又駅から電車でひと駅の高砂に到着。

yokai23.jpg

青龍神社を訪れました。
鳥居と祠があるだけの、小さな神社です。

yokai24.jpg
この神社には鬱蒼と水草が生い茂る怪無池があります。
そこに住みついた白蛇が雨乞いの神様として崇められているそうです。
水面を目を凝らして見てみましたが、白蛇は見つかりませんでした。
メダカみたいな小さな魚はたくさん泳いでいました。
釣り人がちらほらいたので、何か釣れるみたいです。

yokai26.jpg

続いて、縛られ地蔵尊へ。
今回の散策スポットの中で、期待度が高かった場所だったのでドキドキワクワク

yokai27.jpg

縄でぐるぐる巻きにされ、かなりインパクトのある縛られ地蔵。
願い事をしながらお地蔵さんにロープを巻くと願いが叶うそうなので、やってみました。

yokai28.jpg

縛られ地蔵のイラストが描かれた絵馬が可愛かったです。


その後、電車で立石に移動。

yokai29.jpg

公園に小さな鳥居がありました。

yokai30.jpg

ここに立石様と呼ばれる石が祀られています。
この石が立石の地名の由来になったそうです。
寒い時は欠けて、暖かくなると元に戻る不思議な石らしいです。

yokai31.jpg
安部清明由来の熊野神社です。
京極堂シリーズの主人公が陰陽師なので、ここが一番京極オフの散策スポットにふさわしい気がします。
上から見ると、陰陽五行説に基づいて境内が五角形の形をしているそうです。

yokai32.jpg

熊野神社といえば、ヤタガラスのご神紋で有名。


yokai33.jpg
かわいい牛の像を発見。
牛の体をなでると、その部分が良くなるそうです。

yokai34.jpg
熊野神社の本堂。
ご神体は神代の石剣なのだそう。

yokai37.jpg

妖怪ツアーの最後に訪れた證願寺。
ここが、今回の散策の最大の目的です。

見た目は、あまりぱっとしない普通のお寺ですが、実はこの寺にはすごい秘密があるんです。


実は、、、


yokai39.jpg

お寺の中にプラネタリウムが

プラネタリウムのあるお寺と聞いても、当初はホームプラネタリウムみたいなショボいのをイメージしていたのですが、かなり本格的な機材でした。

最近渋谷にできたプラネタリウムと同じくらいのスケールです

貸切だったので、とっても居心地がよかったです。(途中、散策疲れで一瞬寝てしまいました)

yokai40.jpg

ドームに映し出された数々の星座たち。
最近、めっきり目が悪くなってしまい、都内では星を全く見ることができません。
このくらいの数の星を肉眼で見ることができたら嬉しいのですが。

yokai41.jpg

こんな風にイラストを当てはめるとなんとなく分かりますが、絵がないとどれがどの星座か全く分かりません。
私が唯一、夜空で認識できる星座はオリオンと北斗七星くらいです、、、。

ちなみに、お寺の住職がとてもお話の面白い方で、助士の女性も非常に息の合ったツッコミをしていて、その辺の芸人のコントよりずっと笑えました。

今回は「アイヌの星座」という、かなりマニアな内容のお話をして頂き、アイヌ人がつけた星の呼び名を紹介してくれたのですが、
6個くらい固まった星群を「怠け者6人娘」、オリオン座の真ん中あたりにあるモヤモヤ光る星を「ダニ」と呼んでいたり、、、
シュールすぎるネーミングセンスに脱力しました。

今後、オリオン座を見つける度にダニのことが頭をかすめると思います。。。


こんな感じで、京極オフ会では普段思いつかないようなマニアックな場所をいろいろ訪問できてとても新鮮でした。

今度は秋ごろ開催されるそうなので、ぜひまた参加してみたいです。

妖怪ツアー [前編] 

2011年06月07日 00:22

日曜日に京極夏彦オフ会という、非常にマニアックなオフに参加してきました。

京極作品は、京極堂シリーズや巷説百物語などメジャーなものは読んできましたが

正直、そこまでマニアではないです。。。

そんな私がなぜ、このオフに参加したかというと、京極作品には多くの妖怪が出てくるので、オフ会で妖怪にまつわるスポットを散策することになっていたからです。

私が世界遺産好きであることは周囲に公言していますが、実は妖怪の言い伝えのある怪しげなスポットを訪れるのも好きなんです。

二十歳の誕生日には、一人で妖怪の里である岩手県の遠野へ、河童探しの旅へ出かけました。

(私がなぜ、妖怪好きなのかというと、子供の頃に地元の山で天狗らしき者を見たことがあるからなんですが)


yokai2.jpg

妖怪散策の待ち合わせ場所は、柴又駅間の寅さん像。

自分のことは棚に上げて、こういうオフに参加する人は、さぞかし怪しいに違いないと思っていたのですが、
30人の参加者のうち、7割くらいは若い女子でした。

何人かと喋ってみたところ、真の京極マニアもいましたが、私みたいに妖怪が好きな人や、パワースポット巡りに興味があって参加したという人もいました。

yokai7.jpg

東京に出てきて15年経ちますが、柴又を訪れたのは初めて
参道は昔ながらの佇まいのお土産屋さんが軒を連ねています。

yokai8.jpg

映画に出てきた寅さんのお店もありました。

といっても、私は寅さんの映画を観た記憶がないので、ピンと来ず、、、。

yokai3.jpg

街には、寅さんの格好をしたおじさんの姿も。

yokai4.jpg

ジャケットを肩にかける寅さんスタイルも披露してくれて、なかなかサービス精神が旺盛な方でした。


・・・ここまでは、京極夏彦オフというより、寅さんオフみたいな感じになっていますが。


yokai5.jpg

最初に訪れたスポットは柴又八幡神社。
神通力を持つ獅子舞の言い伝えがある神社らしく、やっと京極オフっぽくなってきました。

yokai6.jpg

社殿の裏には古墳があります。
ここから寅さんそっくりの埴輪が出土し、寅さん博物館に展示されているそう。

日曜のモブログに載せた可愛い一家がいたのは、この神社でした。

yokai9.jpg

続いて、寅さん映画でお馴染みの柴又帝釈天へ。

yokai10.jpg

おみくじの機械がお金を入れるとシシマイがてけてんてんと動いておみくじを引き出してくれるという、ユニークな仕掛けでした。

yokai11.jpg

帝釈天の本堂です。
このお寺は日本庭園や彫刻で有名なお寺なのですが、どちらも有料で時間もあまりなかったので、今回は見学しませんでした。

yokai12.jpg

カートでお参りに来ているネコを発見。
八幡神社では、リードをつけて散歩しているネコがいたので、柴又の人たちはネコ連れで外出する傾向があるのかもしれません。

yokai13.jpg

続いて、山本邸へ。
大正時代の特色を色濃く残した和洋折衷の邸宅で、昭和63年頃まで山本さんが住んでいたそうですが、今は東京都選定の歴史建造物として一般公開されています。

妖怪やパワースポットとは関係ないですが、京極作品ではしばしばお金持ちのお屋敷が舞台になることから、幹事の方が散策スポットに入れたようです。

yokai14.jpg

壁にとても見事な菖蒲の絵がありました。

yokai16.jpg

ほとんど和室だったのですが、一間だけ洋室がありました。
大正モダンな雰囲気です。

yokai15.jpg
美しく手入れされた書院庭園。
米国の日本庭園ランキングで4年連続3位に選ばれた格式高いお庭です。

yokai17.jpg

井戸のように見えますが、防空壕の跡です。
お金持ちは、自分の家に防空壕があったんですね。
今でいうと地下シェルターみたいな感じ?

yokai18.jpg

池には可憐な睡蓮が咲いていました。

yokai19.jpg

お昼休憩の後、少し自由時間があったので街を散策。
昔ながらの駄菓子屋に、ユニークなロボット型の自販機がありました。

yokai20.jpg

駄菓子屋の店内。
懐かしいお菓子がいっぱいです。

yokai21.jpg

なぜか、梅宮辰夫の像がありました。
ちなみに、ご本人は青山の紀ノ国屋でお見かけしたことがあります。

yokai22.jpg

柴又の名物は団子で、いろんなお店で売られていました。
食後だったので食べませんでしたが、今思うと食べればよかったと思います。

こんな感じで柴又を散策し、後半は電車を使って少し移動しました。

後半も面白いスポットを訪れたのですが、その模様はまた後ほど。

お台場周遊

2010年08月15日 00:56

この夏、でお台場を周遊する機会が2回ほどありました。

718umi1.jpg
まず、先月、船舶免許を持つ友達がクルーザーをレンタル。

718umi6.jpg
レインボーブリッジが見えてきました~

718umi4.jpg
調子に乗って屋根の上へ。
しかし、日差しが強すぎ、そそくさと退散、、、。

718umi8.jpg
お台場のフジテレビがくっきりキレイに見えました。

この同伴可らしいのですが、日中だったのでRUBYは留守番させました。

RUBYとは以前、お台場のワンワンクルーズに乗ったことがありますが、反応はイマイチでした。
船に乗るという感覚が分からないのだと思います、、、。


813yaka5.jpg
こないだの13日の金曜日は、屋形船を貸し切ってナイトクルーズ
浴衣だと割引になるため、はりきって浴衣を着てみました。
以前のクルーズで結構酔ってしまったので、苦しくなく、着崩れない緩さに帯を調整するのが難しくて、3回くらいやり直しました。
友人から酔い止めの薬をもらい、準備が万全だったおかげで、今回は揺れても全く酔いませんでした。

813yaka8.jpg
夜のレインボーブリッジ。
昼間のすかーんとした青空とのコントラストも見応えありますが、やはり夜のほうが断然にムーディーです。

813yaka7.jpg
フジテレビのビル群のイルミネーションもロマンチック。
昼もいいけど、やっぱ夜は最高

813yaka3.jpg
夏のいい思い出になりました

ちなみに、犬と一緒に乗れる屋形船のツアーを以前見かけたことがあります。
結構お値段が高かったけど、同伴の屋形船も楽しそうです。
RUBYの場合、座敷だとテーブルの上の料理をもろに狙ってしまうので、乗せるのは難しそうですが




最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。