スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアナ試写会

2013年10月17日 01:34

気になっていた映画の試写会に応募したところ、運よく当選して試写会に行ってきました。

IMG_2633.jpg

「ダイアナ」です。

ダイアナ妃が事故で亡くなったのは今から16年前のこと。
そのショッキングなニュースは日本でも大きく報じられたことを覚えています。
当時、ダイアナ妃は大人の女性というイメージが強かったのですが
実は36歳という若さで亡くなったということを知って、驚きました。
今の私とほぼ同年代です。
王室を離れても、すでに世界中に名が知れ渡っていて、大勢のパパラッチに追われる生活が生んだ悲劇…。

そして、この映画はダイアナ妃が王妃だった時代や、事故の真相については触れていなくて
離婚をしてから、事故で一緒に亡くなったドディさんと出会う前に、
本気で好きになったパキスタン人の心臓外科医ハスナットさんとの恋愛について描かれています。




映画の予告編です。

ダイアナ妃は世界中で愛される存在でありながら、常に孤独を感じていて
そんな彼女をハスナットさんは優しく包み込んでくれるのですが、
あまりに彼女が有名過ぎたため、二人の恋は上手くいかなくて。。。

どこまで実話なのか分かりませんが、もしハスナットさんと別れずにいたら
ダイアナ妃の運命は変わっていたかもしれません。

18日から公開なので、ストーリーが気になったらぜひ劇場に足を運んでみてください。
スポンサーサイト

スターライトシネマ

2012年09月01日 01:10

気がつけば9月・・・。
夏の間に撮りためた写真が、溜まりに溜まっていますヽ(´Д`;)ノ

今回は毎年夏の恒例、スターライトシネマの模様をレポートしたいと思います。

820star1.jpg

スターライトシネマは、夏期間だけ週末に恵比寿ガーデンプレイスで開催されている野外映画です。
無料で鑑賞でき、犬連れもOK。
夏の間は定期的に行きたいと思っていましたが、なかなかタイミングが合わず、行けたのは一回のみでした。

820star2.jpg

映画の前にガーデンプレイスで腹ごしらえ。
キッシュを目の前にして、思わずぺろりんした瞬間のルビー。

820star3.jpg

サラダとサングリアもオーダーしました。
サングリアを飲むと、ウキウキした気分に浸れます

820star4.jpg

サラダには名前は忘れましたが、プチプチしたものが入っていて、すごく食感が面白かったです。

820star5.jpg

食事の後、会場へ。
上映一時間前に整理券が配られ、席が確保できるのですが、
整理券がなくても周囲から見ることが可能です。

820star6.jpg

いよいよ映画スタート。
今回の上映作品は「ディープ・ブルー」でした。
右手前のカップルに注目。

820star7.jpg

開始30分後。
なかなかいい雰囲気です。

恵比寿ガーデンプレイスの屋外で映画鑑賞というデートプランは
一見とってもロマンチックに思いがちですが
スターライトシネマは完全無料のため、
カップルよりも、お年寄りや子供連れのほうが多いです。
上映中、小さな子供が走り回ってたり、正直そこまでいいムードではありません。

そして、肝心の映画も、海をテーマにしたオシャレな映画だと思いきや
海の生物たちが繰り広げる壮絶な弱肉強食の世界をリアルに映していて
愛くるしいクジラの子供がシャチに襲われて食べられて、海が真っ赤に染まるなど
結構エグいシーンも満載でした・・・。

でも、完全2人の世界が出来上がっているカップルにとっては、
「そんなの関係ねー」(死語)って感じなんでしょう。

820star8.jpg

海の動物たちに興味を示すかと思いきや、
全く無反応だったルビー。

ディープブルーには、いろんな海洋生物が登場しますが、特にストーリー性はありません。
ちょうどこの日は「相棒」スペシャルが放映される日だったので、
最後まで観ずに、キリのいいところで帰りました。

以前ここで「オールアバウトマイマザー」を観て、とてもよかったので、
来年はもっと頻繁に通えたらいいな、と思います。

ヘルタースケルター

2012年08月08日 21:05

今日は水曜のレディースデーなので、久しぶりに映画を観に行こうと思い立ちました。

808shib2.jpg

宣言通り、昨日ファミセで購入した服を着てお出かけ。
今日のコーデのテーマは「プチプラ」(←そのまんま)
トップス 500円
パンツ 1000円
サンダル 1500円
バッグ 雑誌の付録
合計3000円の激安コーデです。

808shib6.jpg

観に行った映画は、「ヘルタースケルター」。
岡崎京子の原作ファンなので、すごく観たかった映画です。
映画はヒット中で、しかも今日はレディースデーなので、早めにチケットを取っておこうと、時間に余裕をもって出かけました。
結果、いい席を取れたのですが、映画まで1時半くらいあったので、時間つぶしをすることに。

808shib3.jpg

代々木競技場周辺で開催中のa-nationをのぞきに行きました。

808shib4.jpg

期間中、特設会場でいろいろイベントが催されているようです。

808shib5.jpg

目的は、いろんなお店のブースが出ているストリート。
着物イベントを主催している団体が浴衣のブースを出店してるんです。
浴衣+帯が着付込で2100円と激安。(ただし、この団体のFBページに顔出しOKの人に限る)
何度か、ここの団体が主催している着物イベントに参加したことがあったので、スタッフの方が顔を覚えていてくれて、
私におすすめの浴衣を勧めてくれました。

808shib1.jpg

そして、購入したのがこの矢絣の浴衣&グレーの帯。
私は結構ハデ柄が好きなので、いろいろ目移りして悩んだのですが、結局スタッフの方イチオシのこの柄に。

最初はちょっと地味かな~と思ったのですが、色が紺ではなく鮮やかなブルーなので、意外と目立ちます。
矢絣は古典柄ですが、まだ持っていなかったので、この機会に安くゲットできてよかった

この後映画を観るので、着付はやってもらいませんでしたが、これで着付込みで二千円ってとってもお得だと思います。
たぶん今週いっぱいまでやっていると思うので、花火大会の前とかに行くといいかも。
別のブースではヘアをやってもらえるお店もあったので、おすすめです。
週末は混んでいるかもしれませんが。

そして、このストリートにはペット用の酸素カプセルのお店もあって、
無料券を配っていたので、もらって帰ろうと思っていたのですが
浴衣を購入したことですっかり舞い上がってしまい、酸素カプセルのことはすっかり失念してしまいました。

もし、期間中に再び訪れる機会があれば、今度こそ。
でも、また浴衣屋の前を通ったら、欲しくなってしまうかも。

しかし、買ったもののまだ一度も着ていない浴衣が他にあと2枚もあるので、これ以上浴衣を増やすのもなぁ~。。。
今日買った浴衣分も含め、今年は最低でもあと3回浴衣を着ることをノルマにします。

ちなみに、肝心の映画ですが、期待を裏切らない内容でした。
でも、原作の一部がカットされていたりするので、原作を読んでいないと内容が理解しにくいかもしれません。
沢尻エリカの演技は迫力ありましたが、
水原希子の透明感、本当に天使のよう。

だけど、原作を読んだ時に、現実と幻想が交錯するところがディビッド・リンチっぽい世界だなぁと思ったので、
そういうシーンはやはりディビッド・リンチが表現したら面白そう。(でも、もっと訳わかんなくなりそうですが…)



機内で観た映画

2012年06月01日 11:36

香港旅行はデルタ航空を利用したのですが、映画がとても充実していたのがよかったです。
香港までのフライトは短いので、往復で3本しか観れなかったので、
今度はロングフライトの時に利用したいと思いました。

今回、機内で観た映画は


シャーリーズ・セロンが主演の『ヤング≒アダルト』。
予告編を観て、主人公の境遇と今の自分の立場が似ているように感じて、ぜひとも観たかった映画でした。
しかし、実際観てみると、主人公がとにかく痛い女すぎて、全く共感できませんでした。
将来、こういう女にならないように、気をつけたいと思います。


『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
人気シリーズの最新作です。
この映画を観ていると、生活が豊かになるにつれて、ご近所同士助け合ったりとか、そういった心のつながりを現代人は失ってしまったのかな、と思いました。
最新作は東京オリンピックに人々が熱狂している時代が舞台ですが、今は2020年の東京オリンピック誘致についても多くの都民は無関心だし、もし本当に東京に決定したとしても、昭和の時ほど盛り上がるかどうか疑問です。
昭和時代はみんなが一丸となって頑張って高度成長を遂げた時代で、一番活気があった時代であったといえます。
今の日本に、昭和時代のパワーを分けてあげたい。


『ステキな金縛り』
三谷作品の最新作で、正直あまり期待せずに観たのですが、予想以上に面白かったです。
ちょっとしたシーンにも大物俳優が出ているなど、三谷作品ならではの豪華なキャスティングも魅力的でした。
ひたすら笑って、ときおりホロリと感動させられる映画です。


今回3本の映画を観て、最近は邦画が面白いことに気づきました。
今も「テルマエ・ロマエ」や「宇宙兄弟」など気になっている映画は邦画ばかり。

あ、でも今最も観たいのはインド映画の「ロボット」です(笑)

アバタープログラム

2010年04月18日 23:45

アバターの公式サイトにて、面白いものを発見しました

その名もアバタープログラム

自分の写真をアップロードすると、アバターに変身することができるんです。

avatar3.jpg
早速、作ってみました。
似ているのか似ていないのか、自分ではよく判断できないけど
似ているといえば似ている気もします。

続いて、RUBYでも作れるかどうか、チャレンジしてみました。

215tori6.jpg
元画像はこちらの写真。

これを、アバターへ合成してみると、、、、


avatar_ruby.jpg
こんなのになっちゃいました
キモすぎてウケます。
やっぱ鼻は黒くなるんですね(笑)

みなさんも、ぜひ試してみてください

『マーリー』試写会

2009年03月17日 23:24

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと
という映画の試写会に行ってきました。

317mary1.jpg

手に負えないほどやんちゃなレトリバー、マーリーが主人公の映画です。
犬の一生を描いている点では、邦画「犬と私の10の約束」に共通するところがあります。
監督は「プラダを着た悪魔」のデヴィット・フランケル。
私は「プラダ~」の映画がすごく好きなので、今回の試写会はかなり期待をしていました。
内容的にはマーリーのおバカっぷりに笑えるシーンが多かったです。
感動的なシーンもありますが、個人的にはラストが「ええぇ~~」って感じでイマイチ納得できませんでした。
もしかしたら海外ではそういう方法をとるのが一般的なのかもしれませんが、、、。
終わり方は「犬と私の10の約束」のほうが日本人の感性に合うと思います。

でも、犬の飼い主目線で思わず共感してしまうシーンが多かったので
全体的に楽しめる映画になっていたと思います。

Star Light Cinema

2008年08月11日 15:42

昨日の夕方、RUBYを連れてでお出かけしました。

810garden1.jpg

RUBYは私の出かける時の様子で今日はだと分かったらしく、玄関を出るとまっすぐの停めてある場所へ歩き出しました。
普通の散歩の時は、逆側の広場の方向に向って歩きます。
どうやって見抜いているのか分かりませんが、近所へ散歩に行く時は大抵すっぴんにジャージ姿なので、飼い主の外見で判断しているのかもしれません。


810garden2.jpg
目的地は恵比寿ガーデンプレイス。

ygp_starrightcinema2008_400.jpg
週末に屋外で「スターライトシネマ」という映画の無料放映をしていて、期間が昨日までだったので、観に行きたいと思ったからです。


810garden5.jpg
会場には大きなスクリーンが設置されていました。
上映一時間前に整理券が配布されるので、その時間帯に現地に着いたのですが、すでに長蛇の列ができていて、今から並んでも整理券は手に入らないと言われました

でも、ベンチに座れなくても、他の場所から自由に観ることができるといわれ、ひと安心。


810garden3.jpg
映画が始まるまで1時間ほどあり、小腹も減っていたので、サンジェルマンのカフェでお茶をすることにしました。
ドリンクは、パイナップル・ココという期間限定のジュースです。
ヨーグルトとパインがシェイクされていて、ほんのり甘くておいしかったです。

810garden4.jpg
近くに来たスズメにパンの残りカスをあげていたら、目ざとくRUBYが気付いてエサをねだってきました。
RUBYにパンはあげられないので、オヤツをちょっぴりあげることに。


その後、ガーデンプレイス内を散歩させ、上映時間少し前に会場に戻りました。

810garden7.jpg
やがて、映画がスタート。
今回の映画はオールアバウトマイマザーでした。
まだ辺りはそんなに暗くないので、はじめのうちは映画の画面が薄かったです。

810garden6.jpg
RUBYも一緒に映画鑑賞。
私のヒザの上にじっと座って、映画に見入ってました。

810garden8.jpg
やがて、すっかり暗くなると、スクリーンが劇場の映画並にはっきりしてきました。
スペイン映画なのでハリウッドみたいな大きな見せ場は特にないのですが、人との絆や女性の強さをしっかり描いていて、じわじわと心に深く染み渡って行く作品でした。
10年近く前に公開された時、気になりつつも、結局観れずにいたので、この機会に鑑賞できて本当によかったです。

夏季限定のガーデンシネマは、毎年開催されているので、来年も機会があれば観に行きたいと思いました。

ライラの冒険~黄金の羅針盤~

2008年03月20日 14:47

先週、ライラの冒険 ~黄金の羅針盤~を観に行きました。

320raira2.jpg

壮大なスケールで描かれたファンタジー映画です。
映画に出てくる動物たちはすべてCGだと思うのですが、とてもリアルで驚きました。
このポスターに出ている鎧クマもすごい迫力です


映画の予告編です。

この映画で描かれている世界は、一見普通のように見えるのですが、大きく違っているところがあって、
ここでは人間の魂が「ダイモン」という動物の形をして、一緒に生活を共にしているんです。
だから人間とダイモンは一心同体で、とても密接な関係です。

317raira1.jpg

LISAのダイモン「PRINCESSRUBY」

この映画を観て以来、RUBYが自分のダイモンのように思えて仕方ありません。
ライラの世界みたいに、いつでもどこでもRUBYと一緒にいられる環境があればいいのに。


320raira1.jpg

ちなみに、映画の公式サイトで、心理テストに答えていくと、ダイモンを導き出してくれます。
私のダイモンは「Klitus」という名のトラでした。
性格は内気、自発的、柔らかい口調、リーダー格、気まぐれらしいです。


この映画は3部作で、観終わった後も多くの謎が残されていたので、早く続編が観たいと思いました。
ニコール・キッドマンのCGを超越した美しさも必見です

犬と私の10の約束

2008年03月07日 18:54

昨日、映画の試写会に行ってきました。

306inuto1.jpg

観たのは「犬と私の10の約束」。(3月15日ロードショー)

犬の十戒をモチーフに、主人公が愛犬ソックスと過ごした10年間を綴った映画です。
飼い始めの頃は、とっても愛犬を可愛がっていたのですが、
10年後には、他に優先したいことができてきて、愛犬との距離が次第に開いてしまいます。

いろいろと共感できる部分も多く、試写中は何度も涙しました。

RUBYは今年6月で5歳の誕生日を迎えます。

もしも、犬の寿命を10年と考えると、もう折り返し地点に来てしまったということになります。
そう考えると、驚くほど早い

今まで生きてきて、RUBYは幸せだったのだろうか、とふと思いました。
家で仕事をしているので、一緒にいる時間は長いけど、最近仕事で忙しい時は全く構ってあげられていません。。。
仕事中、ふと視線を感じて振り返ると、RUBYがジッと私を見ていたりします。
こんな時、内心は寂しいのかな、と思います。

これからは、今まで以上にRUBYと一緒にいる時間を大切にしたいです。


すでにご存じの方も多いと思いますが「犬の十戒」を紹介したいと思います。
犬版「千の風になって」と言われている作者未詳の詩です。

306inunose.jpg

1.私と気長につきあってください。

306inuto4.jpg

2.私を信じてください。それだけで私は幸せです。

3.私にも心があることを忘れないでください。


306inuto.jpg


4.言うことを聞かないときは、理由があります。

306inuno4.jpg

5.私にたくさん話しかけてください。
人の言葉は話せないけど、わかっています。


306inuno5.jpg

6.私をたたかないで。本気になったら私のほうが強いことを忘れないでください。

306inuno6.jpg

7.私が年をとっても、仲良くしてください。

306inuno2.jpg

8.あなたには学校もあるし友達もいます。
でも、私にはあなたしかいません。


306inuno3.jpg

9.私は10年くらいしか生きられません。
だから、できるだけ私と一緒にいてください。

10.私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。
そして、どうか覚えていてください。
私がずっとあなたを愛していたことを。






最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。