スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機内で観た映画

2012年06月01日 11:36

香港旅行はデルタ航空を利用したのですが、映画がとても充実していたのがよかったです。
香港までのフライトは短いので、往復で3本しか観れなかったので、
今度はロングフライトの時に利用したいと思いました。

今回、機内で観た映画は


シャーリーズ・セロンが主演の『ヤング≒アダルト』。
予告編を観て、主人公の境遇と今の自分の立場が似ているように感じて、ぜひとも観たかった映画でした。
しかし、実際観てみると、主人公がとにかく痛い女すぎて、全く共感できませんでした。
将来、こういう女にならないように、気をつけたいと思います。


『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
人気シリーズの最新作です。
この映画を観ていると、生活が豊かになるにつれて、ご近所同士助け合ったりとか、そういった心のつながりを現代人は失ってしまったのかな、と思いました。
最新作は東京オリンピックに人々が熱狂している時代が舞台ですが、今は2020年の東京オリンピック誘致についても多くの都民は無関心だし、もし本当に東京に決定したとしても、昭和の時ほど盛り上がるかどうか疑問です。
昭和時代はみんなが一丸となって頑張って高度成長を遂げた時代で、一番活気があった時代であったといえます。
今の日本に、昭和時代のパワーを分けてあげたい。


『ステキな金縛り』
三谷作品の最新作で、正直あまり期待せずに観たのですが、予想以上に面白かったです。
ちょっとしたシーンにも大物俳優が出ているなど、三谷作品ならではの豪華なキャスティングも魅力的でした。
ひたすら笑って、ときおりホロリと感動させられる映画です。


今回3本の映画を観て、最近は邦画が面白いことに気づきました。
今も「テルマエ・ロマエ」や「宇宙兄弟」など気になっている映画は邦画ばかり。

あ、でも今最も観たいのはインド映画の「ロボット」です(笑)

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1028-1c700e0d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。