スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラブ・エクスプレス展

2012年08月25日 23:56

夏休み中のネタをUPしきれていないのに、
忙しい時期に突入してしまいました・・・。

とりあえず、今日は六本木ヒルズの森美術館で開催中のアラブ展についてUPしたいと思います。

アラブ展と聞いて、

ペルシャ絨毯などが展示されているのだろう、と先入観を持って入ったのですが
予想は大きく裏切られました。

会場はアラブ諸国の新進気鋭のアーティストが生み出した、斬新な作品が多く展示されていました。

しかも、美術展には珍しく撮影OKだったので、中の様子を紹介したいとおもいます。

818ara1.jpg

こんな感じで、絵画だけでなく、映像作品も多かったです。

818ara2.jpg
リーム・アル・ガイス《ドバイ:その地には何が残されているのか?》2008/11年

近代化の進んだドバイをモチーフにした立体作品です。


818ara3.jpg
サーディク・クワイシュ・アル・フラージー《私の父が建てた家(昔むかし)》2010年

こちらは影絵のイラストレーションを使った映像作品。

818ara4.jpg
アトファール・アハダース《私をここに連れて行って:想い出を作りたいから》2010-11年

陽気な3人組が、行ってみたい場所をテーマに制作。
富士山や東京タワーなど、日本の代表的なモチーフも登場。

818ara6.jpg
アハマド・マーテル《マグネティズム》2012年 Courtesy: Edge of Arabia

磁石に砂鉄が吸い寄せられる瞬間を捉えた作品。
聖地に人々が群がる様子をイメージしているそう。

818ara7.jpg
ミーラ・フレイズ《グラディエーター》2010年 Courtesy: XVA Gallery

仮面をつけた女性の絵がインパクトあります。

818ara8.jpg

古代エジプト展と比べると空いていて、ゆったりと鑑賞できたのがよかったです。

818ara9.jpg

映像作品の前にはイスが用意されていて、くつろぎながら鑑賞できます。

818ara11.jpg

スタイリッシュな近代アートだけでなく、中東という地域柄、戦争をモチーフにした作品も多かったです。
空爆の瞬間をとらえたショッキングな映像作品。

818ara5.jpg
マハ・ムスタファ《ブラック・ファウンテン》2008年-

戦争で汚染された水をテーマにした作品。
これを見て、湾岸戦争時の石油が流出した海で、鳥が真っ黒になっていた映像が衝撃的だったことを思い出しました。

818ara10.jpg
アーデル・アービディーン《アイム・ソーリー》2008年

自分がアラブ人だと名乗ると、アメリカ人はこぞって「アイムソーリー」と言うそう。
それが「お気の毒」なのか「ごめんなさい」なのか、意味をはかりかねる、という皮肉を込めた作品。
I'M SORRYのボードの周囲にはアメリカンカラーの電球がチカチカと点滅します。

818ara12.jpg

アートとは、作者のメッセージを主張するツールなんだな、と
今回のアラブ展を訪れてつくづく実感しました。

818ara13.jpg
ハリーム・アル・カリーム「無題1(「都会の目撃者」シリーズより)」2002

口をテープで塞がれ、言論の自由がきかない状況下に置かれていても
爛々と光る瞳で、しっかりと意思を示していることを表す作品。

818ara14.jpg
スハ・ショーマーン「Stop for God's Sake」(神の御名によって止めよ)

パレスチナ問題をテーマにした作品で、最も心を動かされた映像作品です。

「あなたは隣人の家をむさぼってはならない」

そんな言葉の後に・・・

818ara15.jpg

約半世紀の間に、パレスチナが失った国土の面積が表示されます。

最後には、戦争の犠牲となった幼児の写真とともに
「誰がこれを始めたのか」「誰がこれを終わらせるのか」というメッセージが表れます。

パレスチナ問題だけでなく、ここ数年は「アラブの春」と呼ばれる大規模な反政府運動が盛んで、最近はシリアで日本人ジャーナリストが犠牲になりました。

今回のアラブ展は、アラブ諸国が直面している現実について、深く考えさせられました。

この世界のどこかで、今も戦いが起こっていることを忘れてはいけない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1099-618edd93
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。