スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬を飲ませる方法

2012年11月06日 18:13

まだルビーがアレルギーかどうか分かりませんが、
とりあえず目の周りの脱毛&かぶれを治すために
病院で薬を処方してもらいました。

1106kusu1.jpg

しかし、ルビーは薬を飲むのが大嫌い。
そのまま口に入れても、意地になって絶対飲みません。

そのうち巧みに飼い主を騙すようになり、
ゴクンと飲んだふりして、唇の間に挟んでいて、
飼い主が見てない隙にペッと吐き出すという
007もビックリなスパイ技まで見につけました。

そのため、こっちもいろいろ考えて
ルビーの好きなレトルトのフードの中に混ぜて与えることにしました。
この方法だと美味しいご飯を食べるのに夢中で、
薬も一緒に食べてくれます。

しかし・・・

今はアレルギー対応フードしか与えてはいけないので、
レトルトを使う方法ができません。

試行錯誤の挙句、この方法にたどり着きました。

1106kusu2.jpg

現在与えているアレルギー用フードを少量、水に浸します。

1106kusu3.jpg

しばらく放置すると、水を吸ってふやけてきます。

1106kusu4.jpg

いい感じにふやけてきたら、食器に移し、薬をフードの中に埋め込みます。

1106kusu5.jpg

薬が入ってることがバレないよう、その上からフードでフタをします。

1106kusu6.jpg

フードを見せると、ルビーは大喜び

1106kusu7.jpg

ガツガツと食べて・・・

1106kusu8.jpg

あっという間に完食。
薬も見事になくなっています。

ポイントはフードの量を少量にしたところ。

いつものご飯の量で試したら、薬が入っているフードだけ残してしまったので、
フードをちょっとにしたら、全部食べるようになりました。

現在、徹底してアレルギー用フードしか与えていませんが、
幸いなことに、このフードはとても食いつきがいいです。
だから、ご飯の時間以外にも、オヤツ代わりにちょこちょこ与えています。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1140-3a0e099d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。