スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉散策 Part2

2013年02月27日 22:37

鎌倉散策の続きです。

217kama15.jpg

続いて訪れたのは、鎌倉のシンボル、鶴岡八幡宮です。
源頼朝がこの地に社殿を作った時、すでに平家や藤原氏を討伐。そして翌年には頼朝が征夷大将軍に。
まさに鎌倉時代の幕開けを象徴する建物です。

217kama16.jpg

社殿へと続く階段。
ちょうど赤い矢印のところに、以前は大銀杏がそびえていました。
銀杏がなくなって、なんだか寂しくなりました。

217kama29.jpg

八幡宮は別名「鳩宮」。
ハトは八幡様の使いとされ、「八幡宮」の八の字がさりげなくハトマークになっています。

217kama17.jpg

そのため、境内にはたくさんのハトの姿が

217kama18.jpg

ハトのエサを持っている人がハト集団に襲来されていました。
さすがに、私はハトに手渡しでエサを与える勇気はありませんでした。
フクロウのときは、とても可愛くて癒されたのですが、
なぜだろう、ハトにはちっともトキメキを感じません。。。
集団でバサバサ~っと来られると、鳥肌たちます

217kama19.jpg

境内では、梅が満開でした。
桜もいいですが、梅の花も好きです。

217kama20.jpg

八幡宮からちょっと離れた場所に、ひっそりとたたずむ今宮。
承久の乱で隠岐に流された後鳥羽院の怨霊を鎮めるため創建されたそうです。
祭神は、後鳥羽天皇、土御門天皇、順徳天皇。

こういう、敗者の霊を弔う場所を複数チョイスしているところに
今回の幹事のマニアックぶりがうかがえます。

217kama21.jpg

通り道にぽつんとあった、鉄の井。
鉄観音像の首がこの井戸から見つかったという言い伝えあり。

217kama22.jpg

風見鶏とステンドグラスのある家。
個人宅ですが、ガイドブックにも載っているらしいです。

217kama23.jpg

鏑木清方旧邸。
鏑木清方は、明治~昭和期の浮世絵師、日本画家。
近代日本の美人画家として有名らしい。
今は記念美術館となっていますが、時間がなくて中は見学しませんでした。

217kama24.jpg

最後は小町通りで自由時間。
あまり時間がありませんでしたが、ショッピングを楽しみました。

moblog_11d05c18.gif

217kama25.jpg

鎌倉の名物といえば、やっぱりこれ。

217kama26.jpg

小町通りの鎌倉帽子屋で購入したハンチング。

217kama27.jpg

和菓子モチーフの根付。
着物を着た時の帯飾りとして活用させたいです。

217kama28.jpg

馬毛100%のハブラシ。
試しに使ってみたら、すごい硬かった

今回の鎌倉散策では、今まで知らなかった珍しい場所をたくさん訪れることができ、
とても新鮮でした。
40人近い数の集団行動で、途中ではぐれた人も出たり、大変な部分もあったのですが、
たまにはこういう会に参加して、視野を広げるのもいいなと思いました。
また時間があるときに参加したいと思います。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1229-4e3c22a3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。