スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子力UP料理教室

2013年08月06日 02:45

先日、料理教室の体験に行ってきました。
 
 
女子力UPがテーマです。
たまたまネットで見つけて、受講料が2000円と安かったのと、
初心者大歓迎とあったので、
気軽な気持ちで申込んだのですが、
あとで後悔するはめに…。
 
この料理教室は、料理を作りながら参加者同士交流を深めるというもので、
会場に着くとまず名札を作るところからスタート。
 
例)
みか(22)
美容、旅行、ダンス
 
名前、年齢、好きなものを3つ書きます。
 
そこで、私は早々に嫌な予感がしました。
なぜかというと、
サンプルの名札の年齢が若かったから。
なので、自分の名札を作る時にあえて年齢は入れませんでした。
 
そして、予感は的中
他の参加者の名札を見ると、みんな若いのです
ほとんどが20代前半で、なかには10代も…。
20代後半もちらほらいましたが、30代は全然いませんでした。
 
そして、料理を教えてくれる先生も、20代前半と若い
 
とりあえず、年齢を書かなくてよかった。
 
人数が多いので、グループ分けして料理を分担して作ることになりました。
 
 
ニンジンをピーラーでスライスし、さらに半分に切っているところ。
 
 
材料を混ぜ合わせて、ほぼ完成系に。
 
初心者向けの料理だけあって、材料を切ったり混ぜたりするだけで完成するものが多かったです。
 
グループ内で一人だけかなり年上だったせいか女子大生の子に「料理関係の方ですか?」と尋ねられました。
いや、包丁すらまともに持ったことないんですけど
なんか異様に貫禄あるように見えたっぽいです。
 
 
次々と料理ができるのを見るのは楽しかったです
 
 
ちなみに今回私が担当したのは、野菜を切ったり盛り付けたり、簡単な作業ばかりです。
チームで分担して作ったので、部分的にしか実践できませんでしたが、レシピ通りに作れば簡単に作れるレベルの料理です。
 
 
デザートのチョコ。
クルミを砕いて載せる、という作業をしました。
 
 
料理が完成して、試食タイム。
みんな和気あいあいと交流をはかっていましたが、
やはり年の差を感じて積極的に輪に入れませんでした。
今回の教室は栄養士の勉強をしている学生が多く来ていて、
「将来はカフェを開くのが夢なんです」なんて、キラキラした瞳で言うもんだから、青春だな~、若いっていいな~って思いました。
 
しかし、私がハタチの頃、彼女たちみたいに夢や希望に満ち溢れていたかというと、全くそうではなくて、今以上にネガティブの塊だった気がします。
 
思い起こせば、私が一人旅デビューをしたのは二十歳の時でした。
目的地はなぜか東北。
初めて1人でBARに入ったのも二十歳の誕生日でした。
 
だから、二十歳の私がこの女子力UP料理教室に参加したとしても、きっと馴染めなかったと思います。
 
そう考えると、年を重ねるごとに随分と丸くなれた気がします。
そのきっかけは、やっぱりルビーという相棒ができたからでしょうか。
やっぱりがいると、閉鎖的だった世界が一気に広がります。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1323-e2c9608e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。