スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物でスーパー歌舞伎鑑賞@東劇

2013年09月30日 00:04

日曜日は着物でお出かけ。
涼しくなってきたので、単衣を着ました。

929kabuki1.jpg

場所は東銀座にある東劇です。
現在、スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」が映画で上映中です。


主な登場人物

929kabuki5.jpg

主演のヤマトタケル役は市川猿之助さん。

ヤマトタケルの忠実な家来、タケヒコ役は市川右近さん。

929kabuki6.jpg

大和田常務が記憶に新しい香川照之さんは、ここでは市川中車としてヤマトタケルの父親役に。

香川さんの息子さんも、ヤマトタケルの息子役としてデビューしています。

929kabuki9.jpg

ヤマトタケルが最初に成敗する熊襲の兄弟役の役者さん。
タコとカニをイメージした衣装がとてもインパクトありました。

929kabuki4.jpg

映画のポスター。
こういう衣装なんかどこかで見た記憶が・・・って思ったら
衣装は紅白の小林幸子さんと同じ人が担当しているそうです。

ヤマトタケルが幸子化するのはクライマックス。
しかも、ワイヤーで吊られて宙を舞います。
映画でも迫力あったので、実際に舞台を観に行ったらとても楽しいだろうな~と思いました。

このヤマトタケルの脚本・演出を手掛けたのは市川猿翁さん。

ヤマトタケルと父である帝の親子の確執を描いた作品なのですが、
この作品に香川さんが帝役で出演していて、現実とリンクしていたというか、
アンコールで猿翁さん、香川さん、團子くんが手を繋いで幕が閉じるシーンがとても感動的でした。
本当に親子が和解できてよかった

929kabuki3.jpg

今回はスーパー歌舞伎に出演していた役者さんのトークショーがありました。
左はタケヒコ役の市川右近さん、右はヘタルベ役の市川弘太郎さん。

役者さんの生の声を聞くことができて、とても貴重な経験ができました。

929kabuki2.jpg

着物の会のメンバーで記念撮影。

歌舞伎を映画で観るという経験は初めてでしたが、
実際に舞台を観に行くのとはまた違って、映画と舞台の中間みたいな感じで
とても楽しく鑑賞することができました。

歌舞伎だとチケット代が高いですが、映画ならリーズナブルに鑑賞できるのも魅力です。
今度また違う演目を観に行きたいと思いました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1367-9ec663c1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。