スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混合ワクチン

2013年11月07日 23:16

本日、ルビーのドッグドックに行ってきました。
 
昨年は目黒の人気病院で検査してもらい、かなり詳しく調べてもらったので今年もお願いしたいと思ったのですが、
予約が立て込んでいて、まさかの4ヶ月待ち…
 
10月に電話したら、最短で来年の2月と言われました
 
万一ルビーに何かしらの病気があった場合、4ヶ月のうちにどんどん進行してしまうだろうし、
やはり年内には検査してもらいたいな、と。
 
いつも行ってる近所の病院でも健康診断ができるのですが、もうルビーは10歳だし、年に1度くらいは高度な設備の病院で、じっくり診てもらいたいな…と。  
 
そこで、犬の病院に詳しそうな方たちに聞いて回ったところ、
かなり良さそうな病院をいろいろ教えて頂いたのですが、
今回は予算とアクセスの利便性を考慮して、都立大学にある病院に決めました。
 
詳しい結果を聞くのは2週間後ですが、すぐ治療しないと命に関わるような病気は見つからなかったようなので、一安心。
 
検査前に、毎年11月に混合ワクチンを接種していたので、この病院で接種できるワクチンについて聞いてみたところ
なんと、今年から血液検査をして、抗体ができていればワクチンを接種しなくてもOKというシステムが導入されたとのこと。
 
なので、オプションで抗体検査もやってもらいました。
 
 
その結果、ルビーはすでに抗体があることが判明
何気に一回のワクチン接種で3年くらい持つらしく…。
毎年、律儀にワクチン打っていたけど、その必要なかった
 
一昨年までルビーは8種混合ワクチンを当然のように打っていて、ワクチンの危険性などは全く考えたことがなかったのですが、
昨年、目黒の病院でドッグドックした時に、ルビーはアレルギーっぽいので、ワクチンは5種で十分だと言われました。
 
だから今年も5種を打つつもりでしたが、打たずに済むなら、打たないに越したことありません。
 
去年の健康診断からワクチンのアレルギーについて気にし始めて、自分なりに調べてみたところ、アメリカではすでに3年に一度の接種を推奨しているそうです。
 
だから、日本も今年になって、抗体検査ができるようになって、ようやくアメリカに追いついてきたなって感じ。
 
狂犬病は人に感染するし、国民の義務として毎年打たなきゃって思いますが、
混合ワクチンに関しては抗体があるなら打つ必要ないかな、と。
 
もう老犬なので、なるべく体の負担になることはしたくないです。
 
ちなみにこの病院は抗体検査が5千円でできたので、ワクチン代よりもリーズナブルなのも嬉しい
 
日本もこの先は事前に抗体検査をして、ワクチン接種をするかどうか決めるのが主要になってくるのでは?と思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1390-867ab98e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。