スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画と胃カメラと自炊

2013年12月05日 19:49

昨日はレディスデーだったので、
久しぶりに映画に行くことにしました。
 
 
観たのはかぐや姫の物語。
プレスコという、最初にセリフを録音してからアニメーションを制作する技法がとられているため
竹取の翁役は地井武男さんが演じています。
 
水墨画風の独特のイラストタッチも、地井さんをはじめとする豪華な声優陣の熱演のおかげで違和感なく自然に観賞できました。
 
竹取物語という、誰でも知ってる日本の古典なので、ラストは結局月に帰るんでしょ、と先が読める展開でしたが
かぐや姫の初恋の相手が登場するなど、新しい設定もあり。
 
玉の輿に乗って、高貴な姫として生活するのが当時の女子の憧れだったのかもしれませんが、
いくら金持ちでも好きじゃない相手と結婚するのは嫌というかぐや姫は、よく考えると現代的な思考の持ち主だと思いました。
だから、月の住人というより、未来人という設定のほうがしっくりくるかも
 
現代でも高収入の相手と結婚したいと思う女子は少なからずいますが、
女性がどんどん社会進出して、男性並に働き自立するようになった結果、昔ほど相手の年収にこだわらなくなってきているのでは?
その代わり、結婚しても外で働いていたい!…そんな世の中になってきている気がします。
“玉の輿”が死語になる日が、いつか来るかも?
「だれのおかげで飯が食えると思ってるんだ」とか言う亭主関白な男も絶滅危惧種ですね
 
 
話はガラリと変わって、今朝は早起きして東京タワーのお膝元へ。
 
 
病院で胃カメラを飲んできました!
 
最近、暴飲暴食がたたり、胃がもたれます。
ピロリ菌の可能性もあるので、一応検査することに。
 
胃カメラは過去に何度か飲んだことありますが、大抵はゲエゲエと苦しく…嫌な思い出しかありません。
過去に一度、大きな病院で眠くなる薬を飲み、意識混濁しているうちにいつの間にか終わっていたことがあります。
 
だから今回もそういう薬を使いたいと思ったのですが、しばらく眠気でぼーっとしてしまうらしく、結局使わない方向で。
 
だからすごい緊張したのですが、
先生のアドバイス通りに
吸って吐いてという呼吸に集中することで、胃カメラを飲んでいることを紛らわす、という方法で、意外とスムーズに飲み込むことができました。
 
無事食道を抜けるとさほど苦しくないのですが、胃カメラが胃や十二指腸の中をうねうねと動いている様子がダイレクトに伝わって、気味が悪かった…。
 
見た感じ、深刻な病気はなさそうでしたが、
少し胃炎っぽくなってたようです。
正式な結果は一週間後にわかります。
 
 
朝ごはん抜きだったので、お昼は鍋にしました。
 
最近、パルシステムを導入したので
少しずつ自炊するようになりました。
といっても、鍋で温めるだけの冷凍食品が主流ですが。
でも、今まで外食ばかりだったので、大きな一歩です。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1418-940dfc4a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。