スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャイアンとのび太

2013年12月16日 19:58

モンちゃん亡き後、軽いペットロスにかかっていて、
 
モンちゃんのことを思い出してしまうので、床屋さんの前は通れずにいます。
 
でも、モンちゃんは私のペットではなかったので、
正確に表現するならキャットロスですね。
 
家には最愛のルビーがいますし、
世界で一番大切な存在であることは間違いないのですが
 
いつでも全身全霊で愛情を表現してくれるルビーと生活していると
 
外で自由気ままに暮らし、誰の所有物でもなく、
その日の気分で懐いたり、懐かなかったりする野良猫のことが魅力的に思えてきて…。
 
家に大事な奥さんがいるのに、ミステリアスな美女に翻弄されて、浮気に走ってしまう男性の心境も、これに近いのではないでしようか。
 
ちょっと話が逸れましたが
 
やはり近所にお気に入りの野良猫がいないと寂しいので、
 
ポストモンちゃんを発掘することにしました。
 
 
最有力候補はジャイアン(右)と、のび太(左)。
 
この2匹は常につるんで行動しているため、当初はカップルだと思ってたのですが、最近になって親分子分の関係なのでは?と思うようになり、このように命名しました。
 
2匹の関係性が明らかになったのは、2~3週間ほど前のこと。
 
その日、私は街を放浪するモンちゃんを初めて目撃しました。
 
モンちゃんはいつも床屋さんの店先にいてじっと動かないので、
出歩いているモンちゃんが気になって、後をつけてみたのです。
 
するとモンちゃんは、道端のゴミ袋を覗いたりして、お腹が空いている様子でした。
 
日ごろ、野良猫には餌をあげない!をポリシーにしているのですが、
 
餌を求めてトボトボ歩くモンちゃんの後ろ姿があまりに哀れで、強く心を動かされました。
 
そして、近くのコンビニに入り、猫のオヤツのカツオを購入。
 
しかし、コンビニから出ると、すでにモンちゃんの姿はなく…。
 
床屋さんにも戻っていなかったので、カツオを片手にモンちゃんの名前を呼びながら、周囲を捜索していると
 
ぴょこっと黒猫が顔を出しました。
 
モンちゃんがいたー!っと一瞬喜んだのですが、
 
よく見ると、体が一回り小さくて、モンちゃんではありませんでした。
 
この猫がのび太です。
 
のび太はじっとカツオを狙っていたので、仕方なく小さくちぎって投げました。
 
のび太はカツオをパクっと食べると、
 
ウミャ~と鳴きだしたのです。
 
 
すると!
 
 
草陰から、でっぷり太ったブチ猫が登場。
 
こいつがジャイアンです。
 
ジャイアンは私がちぎっては投げるカツオをすべて独り占め。
 
のび太のほうに投げても、遠慮して食べずにジャイアンに譲ってしまいます。
 
このままじゃ、すべてジャイアンに食べられてしまうと思い、
半分ほど残ってましたが、もう与えるのをやめて、家に帰りました。
 
試しに余ったカツオをルビーにあげたら、大喜びで平らげていました。
 
モンちゃん亡き後、近所で手なづけるとしたら、真っ先にこの2匹が思い浮かびましたが
 
金輪際、野良猫に餌付けをするつもりはありません。
餌付けをして猫の気を引くのは、キャバ嬢に大金をつぎ込むおっさんと一緒な気がするのです。
 
餌がなくてもすり寄ってきてくれる、そんな関係を築きたいのです。
 
モンちゃんは人馴れしていて、特殊な存在だったので、他の野良猫と仲良くなるまでには長い時間がかかりそう。
 
のび太&ジャイアンはもう私が餌をくれないと悟ったら、近寄ってこない気がします。
 
でも、地道に距離を縮めていきたい。
 
ジャイアンはしたたかなので、まずはのび太から!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1426-5ad77cfa
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。