スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!世界遺産内定

2014年04月29日 13:27

ちょうど私が帰省した日に
にわかに故郷が注目されることに
 
 
富岡市役所前にて。
地元にある富岡製糸場が、イコモスより世界遺産の登録勧告を受けたのです。
 
正式決定は6月ですが、ほぼ決定間違いないらしい。
 
 
朝早起きして、製糸場まで散歩してきました。
実家から徒歩10分くらいの近さです。
 
 
私は結構な世界遺産マニアで、国内外いろいろな世界遺産を訪れてきましたが
まさか地元が世界遺産の町になるとは、信じられません…。
 
 
しかし、世界遺産といってもただの工場跡なので、スケールは小さいです。
なにかすごいものが見学できるかもしれない!と期待して行くとがっかりしてしまうかも。
 
もし、富岡製糸場に見学に行くなら、歴史的な背景を知っておいたほうがいいと思います。
かつてここで生産された生糸は世界屈指の品質を誇り、富岡製糸場は日本の近代文明化に大きく貢献しました。
あくまでも国内では珍しい文化遺産として、温かい目で見学していただけたら。
 
 
朝散歩に行った時はまだ人がいませんでしたが、
昼になると富岡の町は観光客でいっぱいに
今までシャッター通りと呼ばれ、ひっそり静まり返っていた商店街にこんなに人がいるのを見たのは初めてです。
 
世界遺産効果、おそるべし
 
 
ちなみに、製糸場近くにある龍光寺には製糸場で働いていた工女のお墓があります。
製糸場で働いていた工女たちが、日本の近代文明を支えていたのです。
 
 
ちなみに、富岡市のゆるキャラは工女姿の「お富ちゃん」。
 
今まで群馬のゆるキャラといえば「ぐんまちゃん」の独り勝ち状態でしたが
富岡製糸場が世界遺産になれば、お富ちゃんの人気も上がるかもしれません。
 
 
改築していた富岡駅が完成していたのですが、田舎町には似合わないスタイリッシュな建物になっていました。
 
 
製糸場を彷彿とさせる、レンガ風のオープンな建物です。
 
 
案内図に製糸場マーク入り。
 
変わりゆく地元に少々戸惑いを感じつつも、
観光客が増えて地元が活性化されるのは喜ばしいことです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1487-cee81113
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。