スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコ旅行 4日め(サハラ砂漠)

2014年08月11日 20:56

バストラブルで砂漠の町、エルフィードには予定より遅れて到着しましたが、
ホテルでゆっくり休む時間はありませんでした。

なぜなら、4日目はサハラ砂漠で朝日鑑賞をするため、朝3時起床!
起きられるかな…と思ったのですが、ちょうどラマダン月でムスリムは3時半~19時45分まで断食をしなくてはいけないので、朝3時頃から開始の合図として、町中に大音量でコーランが響き渡ります。
なので、モーニングコールより前に、コーランで目覚めました。
(結局モロッコにいる間は、早起きしなくていい日も3時に一度目覚めてしまうはめに・・・)

sahara1.jpg

ストールをホテルの人に巻いてもらって、ベルベル人スタイルでいざ砂漠へ!
砂漠まではバギーに乗っていきました。
かなり揺れたので、酔い止めを飲んでおいて正解でした。

sahara5.jpg

ラクダに乗って、メルズーガ砂丘をめざします。
まだ夜明け前で、周囲は真っ暗です。
sahara6.jpg

目的地に到着した頃には、周囲は薄明るくなっていました。
本当はラクダが立っている状態で写真を撮りたかったけど、このラクダは怠け者っぽくて、目的地に到着した途端、ドカッと座り込んでしまいました。
他のラクダは手綱を引いていたベルベル人が、座っていいよっていう合図を出すまでちゃんと立っていたのに・・・。
以前、乗馬体験をした時も私の馬だけ言うことを聞かなかったので、私は人を乗せる動物になめられやすいのかもしれません

sahara16.jpg

この日は雲が厚かったのですが、ぽっかり浮かびあがった朝日を鑑賞することができました。

sahara2.jpg

待機中のラクダさんたち。

sahara9.jpg

ベルベル人たちと記念撮影。

sahara4.jpg

帰りもラクダに乗りました。
砂漠のラクダの隊列、なかなか味があります。
ちなみに、サハラ砂漠の砂はかなり色が濃くて、オレンジっぽい色をしています。
もうちょっとベージュっぽい色を予想していたので、意外でした。

sahara11.jpg

サハラ砂漠の帰りにベルベル人の家に立ち寄りました。
実際に住んでいる家とのことですが、かなり簡易的な作りです。
地べたに絨毯が敷いてあるだけで、家具はありません。

sahara12.jpg

こういった原始的な家もありました。
中は土間です。

sahara13.jpg

ここは厨房のようです。

sahara14.jpg

中にはカマドがありました。

sahara15.jpg

家畜のロバがいました。

だだっ広い砂漠地帯にぽつんと一世帯だけ、見渡す限り隣家らしきものも見つからず・・・。
家具も何もなく、昔ながらのスタイルで暮らすベルベル人の家を訪れて、少なからずカルチャーショックを受けました。

一人暮らしなのにいろんなものであふれかえっていて、全く片付かない自宅を見ていると
ベルベル人みたいにシンプルを極めた生活をしている人たちもいるのだから
私も最低限とはいわないまでも、無駄なものを排除した生活を送らなければ・・・と決意!

少しずつ、断捨利していきたいです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1530-42e4e8e1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。