スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の出来事

2015年01月19日 01:12

今年に入ってからブログの更新が滞ってますが
最近あった出来事を綴ります。
 
 
銀座に行く用があり、ちょっと時間があったのでぐんまちゃん家に立ち寄りました。
帰省した時に買いそびれた、群馬の名物、ガトーフェスタハラダのラスクがここに売ってたので購入。
 
 
この日の目的は歌舞伎座の一幕見席で歌舞伎を観ること。
歌舞伎のチケットは高いけど、一幕見席なら一幕1400~1300円と、映画より安い金額で観ることができます。
三幕まで一度に買えるので、
今回は二幕分購入しました。
 
 
一幕見席は4階なので、舞台までが遠い
オペラグラスを持ってくれば良かった
 
一幕見席は早く並べば座って鑑賞できます。
一幕めの番長皿屋敷は整理券が90番台だったので立ち見でしたが
二幕めの女暫は30番代だったので、座れました。
 
番長皿屋敷はお菊さんの幽霊が井戸から出てきて「一枚~二枚~」ってお皿を数えるストーリーだと思っていたのですが、実際はお菊さんがお皿を割って命を落とすまでの話でした。
怪談ではなく、女の嫉妬心が引き起こした悲恋ストーリーで
私の知ってる番長皿屋敷と全然違っていて新鮮でした。
 
女暫は巴御前が勇敢に立ち回る演目ですが、
番長皿屋敷がわかりやすいセリフだったのに比べると
こちらは、まさに伝統的な歌舞伎の言い回しで
今回はイヤホンガイド代をケチってしまったので、何を言ってるのかさっぱり…。
とりあえず、出演者の衣装が豪華絢爛だったところが見応えありました。
 
 
そして、16日はボロ市に行ってきました。
 
あまり時間がなかったので、サッとしか見なかったのですが
 
ちょっと面白いものをゲットしました。
 
 
黒留です。
黒留はミセスの第一正装のため
全く結婚の予定がない私には無用です。
 
でも、黒留には珍しいガーリーな柄に惹かれました。
 
お値段は1800円。安いです
 
 
拡大するとこんな感じ。
花柄なのですが、ペイズリーやレースっぽい雰囲気。
淡いピンクの入り方も可愛い
 
結婚する予定はなくても
この世には黒留ナイトというアンビリーバブルなイベントがあって
世間の枠にとらわれず
独身であっても、むしろ男性でも
誰でも自由に黒留を身にまとうことができるのです。
 
いつかは黒留ナイトに参加したいという野望があったので
もしかしたら今年デビューしちゃうかも
 
本当は正式に黒留が着られる立場になってから参加したかったんですけどね
 
黒留ナイトはたぶん11月頃なので
とりあえず、それまでに電撃結婚することを目標にしたいです
 
 
ちなみに黒留の紋は花菱で
たしか実家の紋も花菱だと思っていたので
それも購入の決め手になりました。
 
…が
 
親にうちの紋を確認してみたところ
 
 
うちは、七宝に花菱という紋だというのです。
 
私の黒留は丸に花菱という紋なので、微妙に違う…。
 
まぁ、もし結婚したら嫁いだ家の紋を身につけると思うので、
実家の紋の黒留を持っていても意味がない気がするのですが
 
この微妙な間違いが、なんかちょっと残念です
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1565-8cb2580d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。