スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイヤードカフェ

2015年01月30日 00:40

先日、表参道のCOMMNE246内にあるワイヤードカフェのレセプションパーティーに行ってきました。
 
場所はこちら。
 
 
パーティー風景。
ドームみたいなのが気になります。
 
 
パーティーでふるまわれたホットドック。
とっても美味しかったです
 
 
こんなオシャレなサラダもありました。
 
 
パーティーのクライマックスには、鶏丸ごと一羽登場
 
 
 
鶏の解体ショーがスタート
 
 
目の前で鶏がどんどん解体されていきます。
 
 
鶏が解体されて鶏肉となっていくのを見るのは、かなり生々しかったです。
 
普段食べている鶏肉は、もともとは生きた鶏だったということを思い知らされました。
 
食育という観点からも、このようなイベントは貴重な経験でしたが
過去に鶏を飼っていたことがあったため、だんだん辛くなっていて、途中で帰りました。
最後までいたら、ローストチキンを食べることができたのですが。
 
私は子ども時代、毎年縁日でヒヨコを買ってもらいました。
しかし、縁日のヒヨコは弱くて、何日か経つと死んでしまいました。
毎回死なせてしまうので、今度こそはと年々研究を重ねて
遂にヒヨコが快適に生きられる環境を生み出すことに成功し
ヒヨコはスクスクと順調に成長を遂げ、やがて鶏になりました。
 
ただひとつ、大きな誤算は
縁日ではオス100円、メス250円という値段で売られていて
せっかくなら卵を産んでくれるメスがいいとメスを2羽購入したのですが
成長したヒヨコは2羽とも立派な雄鶏でした…
だ、だまされたっ
 
子どもの頃はプチムツゴロウ王国かと思うくらいに、いろんな動物を飼育しましたが
その中でもヒヨコを鶏まで育てあげた経験はかなり印象に残ってます。
 
だから鶏肉は食べられないとか
そういったことは全然なくて
むしろ大好物なんですけどね。
 
とりあえず、解体ショーが
生きている鶏をシメるのではなくて
安心しました。
 
これから肉を食べるときは
命をいただいている、ということ肝に銘じて
感謝しながら食べたいと思います。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/1568-a4c52ca2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。