スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪ツアー [前編] 

2011年06月07日 00:22

日曜日に京極夏彦オフ会という、非常にマニアックなオフに参加してきました。

京極作品は、京極堂シリーズや巷説百物語などメジャーなものは読んできましたが

正直、そこまでマニアではないです。。。

そんな私がなぜ、このオフに参加したかというと、京極作品には多くの妖怪が出てくるので、オフ会で妖怪にまつわるスポットを散策することになっていたからです。

私が世界遺産好きであることは周囲に公言していますが、実は妖怪の言い伝えのある怪しげなスポットを訪れるのも好きなんです。

二十歳の誕生日には、一人で妖怪の里である岩手県の遠野へ、河童探しの旅へ出かけました。

(私がなぜ、妖怪好きなのかというと、子供の頃に地元の山で天狗らしき者を見たことがあるからなんですが)


yokai2.jpg

妖怪散策の待ち合わせ場所は、柴又駅間の寅さん像。

自分のことは棚に上げて、こういうオフに参加する人は、さぞかし怪しいに違いないと思っていたのですが、
30人の参加者のうち、7割くらいは若い女子でした。

何人かと喋ってみたところ、真の京極マニアもいましたが、私みたいに妖怪が好きな人や、パワースポット巡りに興味があって参加したという人もいました。

yokai7.jpg

東京に出てきて15年経ちますが、柴又を訪れたのは初めて
参道は昔ながらの佇まいのお土産屋さんが軒を連ねています。

yokai8.jpg

映画に出てきた寅さんのお店もありました。

といっても、私は寅さんの映画を観た記憶がないので、ピンと来ず、、、。

yokai3.jpg

街には、寅さんの格好をしたおじさんの姿も。

yokai4.jpg

ジャケットを肩にかける寅さんスタイルも披露してくれて、なかなかサービス精神が旺盛な方でした。


・・・ここまでは、京極夏彦オフというより、寅さんオフみたいな感じになっていますが。


yokai5.jpg

最初に訪れたスポットは柴又八幡神社。
神通力を持つ獅子舞の言い伝えがある神社らしく、やっと京極オフっぽくなってきました。

yokai6.jpg

社殿の裏には古墳があります。
ここから寅さんそっくりの埴輪が出土し、寅さん博物館に展示されているそう。

日曜のモブログに載せた可愛い一家がいたのは、この神社でした。

yokai9.jpg

続いて、寅さん映画でお馴染みの柴又帝釈天へ。

yokai10.jpg

おみくじの機械がお金を入れるとシシマイがてけてんてんと動いておみくじを引き出してくれるという、ユニークな仕掛けでした。

yokai11.jpg

帝釈天の本堂です。
このお寺は日本庭園や彫刻で有名なお寺なのですが、どちらも有料で時間もあまりなかったので、今回は見学しませんでした。

yokai12.jpg

カートでお参りに来ているネコを発見。
八幡神社では、リードをつけて散歩しているネコがいたので、柴又の人たちはネコ連れで外出する傾向があるのかもしれません。

yokai13.jpg

続いて、山本邸へ。
大正時代の特色を色濃く残した和洋折衷の邸宅で、昭和63年頃まで山本さんが住んでいたそうですが、今は東京都選定の歴史建造物として一般公開されています。

妖怪やパワースポットとは関係ないですが、京極作品ではしばしばお金持ちのお屋敷が舞台になることから、幹事の方が散策スポットに入れたようです。

yokai14.jpg

壁にとても見事な菖蒲の絵がありました。

yokai16.jpg

ほとんど和室だったのですが、一間だけ洋室がありました。
大正モダンな雰囲気です。

yokai15.jpg
美しく手入れされた書院庭園。
米国の日本庭園ランキングで4年連続3位に選ばれた格式高いお庭です。

yokai17.jpg

井戸のように見えますが、防空壕の跡です。
お金持ちは、自分の家に防空壕があったんですね。
今でいうと地下シェルターみたいな感じ?

yokai18.jpg

池には可憐な睡蓮が咲いていました。

yokai19.jpg

お昼休憩の後、少し自由時間があったので街を散策。
昔ながらの駄菓子屋に、ユニークなロボット型の自販機がありました。

yokai20.jpg

駄菓子屋の店内。
懐かしいお菓子がいっぱいです。

yokai21.jpg

なぜか、梅宮辰夫の像がありました。
ちなみに、ご本人は青山の紀ノ国屋でお見かけしたことがあります。

yokai22.jpg

柴又の名物は団子で、いろんなお店で売られていました。
食後だったので食べませんでしたが、今思うと食べればよかったと思います。

こんな感じで柴又を散策し、後半は電車を使って少し移動しました。

後半も面白いスポットを訪れたのですが、その模様はまた後ほど。
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    いやいや!リサリサの興味の幅広さには脱帽ですな!

    でも~私も密かに~京極作品は好きで京極堂シリーズも結構読みました。
    でもあれって寝ながら読むには重いんですよね...

  2. lisa | URL | -

    京極堂シリーズ、ほんと分厚いですよね!
    私は一気に読みたい派なんですが、京極作品はさすがに1日じゃ読めないです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/743-88188241
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。