スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊達衿付け

2011年08月04日 03:24

blogのはずが連日ネタで恐縮です
 
に目覚めたのはただの気まぐれですが、
宮崎あおい旦那がつぶやいた「こんな時だからこそ、自国の文化にもっと目を向けよう」という発言には共感していて、日本の文化といえばなので、もっと生活に取り入れたいと思っています。
 
私が小3の時まで曾祖母が生きていて一緒に暮らしていたのですが、この寅子婆さんは、毎日着物を着て生活していました。
髪も毎朝すごく時間をかけて黒柳徹子みたいな髪型に結ってました。
だから近所から時代錯誤な変わった婆さんだと思われていたようですが…今になって、そんな寅子的な生き方が格好良く思えるようになったんですよね。
 
飽きっぽい性格なのでいつまで着物熱が続くかは分かりませんが、久しぶりに熱くなれる趣味を見つけて、最近は毎日がとても充実してます。
 
今日は先日買った半襟を浴衣の伊達衿にする作業をしました。
 
伊達衿はお洒落だけでなく、衿もとの汚れ防止効果もあります。
白は汚れやすいし、浴衣は頻繁に洗えないので伊達衿を付けると便利です。
 
まずは表から5ミリほどのぞかせてまち針を打っていきます。
 
続いて、糸で縫い付けます。
 
汚れた時に取り外しやすいように、しつけ糸でざっくり縫うのがポイント。
 
巨大ストーン付きのネイルは、裁縫の際もかなり邪魔に
このネイルは家事全般の妨げになりますね
 
どうにか完成
 
土曜日に着る予定なので楽しみです
でもだと白は着るのが無理なので、晴れますように
 
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/797-ab02a403
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。