スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物セール

2011年08月05日 18:40

本日、掘り出し物を見つけるべく、着物のセールへ行ってきました。

今回のお目当ては、弟の結婚式用の着物。

スタッフの方に、その旨を伝えたところ、親族の場合は留袖がいいのでは?と言わたのですが
留袖ってなんか、ザ・マダムってイメージです。
さすがにもう振袖が着られる年齢ではありませんが、一応未婚のわけだし、いくらなんでもまだ留袖は早いかなー、と。
着る機会も滅多になさそうだし。

なので、訪問着か付下げを買おうと決め、気になったのは試着させてもらいました。
安いものだと9千円からあったのですが、ユーズドで結構使用感があったり。。。

たった一人の弟の結婚式なんだし、やはりここは少しでもいいものを着たい

なので、ちょっと奮発しちゃいましたよ。

805sale1.jpg

今回購入した正絹の訪問着。
お値段は2万5千円。
左右の柄が違うので、とてもゴージャスでインパクトがあります。

ファッション界では、今年の秋にレンガ色が流行るので、最近ちょうどレンガ色に注目していたところでした。
(まさか、着物でレンガ色を取り入れるとは思ってませんでしたが。)

805sale2.jpg

バックスタイルはこんな感じ。
秋らしいお色味ですが、桜なども入っているので、春にも着ることができます。
夏以外は1年を通して楽しめる着物です。

805sale3.jpg

袖のデザインです。
部分的に黒が効いていて、大人っぽい柄に仕上がっています。

805sale4.jpg

裾のデザイン。
なんだか、美しい絵巻物を眺めているような気分で、ずっと見ていても飽きません。
華やかな柄を見るだけで、こんなにも心が躍るなんて

805sale5.jpg

裾の裏側にも模様入りです。
歩いてる時にちらりと見える感じが素敵。

普段、2千円以上の服は滅多に買わない私にとって、2万5千円は確かに高価ですが、ン十万という相場が一般的な着物界においては、破格の値段設定です。
しつけ糸がついていたので、まだ新品か、中古だとしてもほとんど着てない美品だし。

正直、弟の結婚式については、先を越された感があり
親戚一同からの冷ややかな視線等を考えると、気が重く感じていました。

でも、この着物を手に入れたおかげで、すごく待ち遠しいイベントになりました

805sale6.jpg

袋帯はスタッフの方に合うのを見立てて頂いて、いくつかの候補の中から、黒を選びました。
着物の色柄にも合うし、ベーシックカラーなので他にも合わせやすそうです。
お値段は21000円。
訪問着の帯も名古屋帯で平気かと思っていたのですが、正装の場合は袋帯がマナーらしいです。
なので、着物同様に値が張ってきます。
それでもトータルで46000円と、予算の3万円は超えたものの、5万円以内で購入できて満足。

スタッフの方はとても親切で、いろいろ教えて頂きました。

例えば、着物は下に長襦袢を着るのですが、長襦袢と着物の寸法をきっちり合わせる必要があるそうです。
もし、着物の袖から長襦袢が少しでもはみ出ていたらみっともないので。
今まで浴衣しか着てこなかったため長襦袢を着る機会がなく、そんなことには全く気づきませんでした。

805sale7.jpg

試しに手持ちの長襦袢を着て合わせてみたら、確かに袖からピンクの襦袢がのぞいてみっともない、、、。

こういう場合、着物を長襦袢と同じサイズにお直しすることになります。
なるべくお直しには出したくないので、ネット等で着物サイズにぴったり合う長襦袢がないか探してみます。
襦袢の袖丈をもう少し短くするくらいなら、自分でも直せるかもしれませんが。

ちなみに、自分で練習して着られるようになりたいと言ったら、正装の場合は着つけが大変なので、プロに着つけてもらったほうがいいとアドバイスされました。
確かに、袋帯の結び方は自信ないしなぁ。
着つけ&ヘアメイクをセットでやってくれるところを探したほうがいいかも。
あと、着物に合う草履やバッグも必要です。
フォーマルな着物はいろいろとお金がかって、結構面倒臭い感じ、、、。

なので、ちょっと着物熱がクールダウンしはじめてきてしまったのですが

今回、着物を購入したことでスペシャルな特典が

805sale8.jpg

なんと、1万円につき1枚着物をサービス。
4万円以上購入したので、無料で4枚着物をもらえました。
色柄も自分で好きな物を選べます。
左2つはウール、真ん中の紫は正絹、右はポリ。
正絹の着物がサービス品に入っていたのにはビックリですが、スタッフの方曰く、背中にちょっとシミがあるので、商品としては出せないのだそう。
言われなければ気づかないくらいの汚れなのでラッキー。

街着の着物は正装に比べるとぐっとハードルが低く、浴衣に毛が生えた程度の知識で着ることができます。

一気に着物の数が増えたことで、私のテンションはUP
一瞬冷めかけた着物熱も、再び勢いを取り戻しました。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/799-7968e6b2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。