スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥羽・伊勢巡り(1日め:鳥羽水族館 後編)

2012年02月22日 23:54

鳥羽水族館の続きです。

216toba13.jpg

セイウチのショーをやっていたので、見学しました。
セイウチを見るのは初めてでしたが、ものすごく巨体でビックリしました。
体重は540kgあるそうです。
手足を使って歩くというより、体を滑らせて移動していたのが面白かったです。
動くたびに肉がたぷたぷ揺れて貫禄ありました。
人間も、太りすぎるとセイウチみたいになりそうでコワイ……。


犬の芸としてもおなじみの「バーン」。
セイウチがやると、こんな具合になります。
「ウォーッ」と言いながら倒れ、芸が細かいです。


最もビックリしたのがこの芸。
なんと、500kg以上の巨体で腹筋をしています。
この姿に胸を打たれ、私も筋トレを始めようかなと思いました。

216toba14.jpg

歯磨きタイム。
セイウチ専用のハブラシは、やはり巨大でした。

216toba15.jpg

ショーのエンディング、セイウチが客席を巡回して、体を触ることができます。
セイウチが近づいた時は、足を踏まれないように気をつけてくださいと注意されていたのにも関わらず、うっかり足を踏まれてしまいました
案の定、かなりズシッときました。。。

216toba27.jpg

ちなみに、セイウチの足はこんな感じ。
水かきの形ですが、よく見ると爪もあります。

216toba16.jpg

ショーの後は再び動物たちを見学しました。
ペンギンもいましたが、ペンギンに関しては葛西臨海公園のほうが数が多くて見応えがあります。

216toba17.jpg

カワウソくん。
ガラスに映った自分の姿に興味津々です。

216toba18.jpg

水族館のアイドル、ジュゴンのセレナちゃん。
ジュゴンは国内の水族館ではここでしか見ることができないそうです。

216toba19.jpg

ジュゴンは人魚のモデルとされていますが、なんか体型がかなりぽっちゃり・・・。
スラリと美しい人魚姫の姿からはほど遠いです。

216toba20.jpg

でも、他の魚たちと楽しく泳いでる姿は、人魚っぽいといえなくもない・・・。

216toba21.jpg

ミステリアスなクラゲさん。

216toba22.jpg

水槽の角にびっちりと固まって動かない謎の魚たち。

216toba23.jpg

カラフルな熱帯魚。

216toba24.jpg

天井がガラス張りになっていて、泳ぐ魚の姿を下から眺めることもできました。

216toba25.jpg

最後にアシカのショーを見学。
イルカ島のショーとは違い、桃太郎をテーマにしたストーリー性のある内容でした。

216toba26.jpg

水族館を出て、ルビーをキャリーから出して記念撮影。
長い間キャリーの中に入れていたから、少し散歩させようと思ったのですが、歩くのを徹底拒否
ルビーは自力で歩くよりも、キャリー越しに外の景色をうかがいながら、楽に移動するのが好きみたいです。
まるで、昔のお殿様みたいですね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/947-5793ba5e
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。