スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥羽・伊勢巡り(2日め:伊勢神宮 外宮)

2012年02月25日 00:18

2日めは早めにホテルを出発して伊勢へ向かいました。
鳥羽から伊勢市までは電車で15分ほどです。

伊勢神宮は外宮と内宮に分かれていて、距離も結構離れています。
外宮から内宮へと参拝するのが一般的らしいので、まずは伊勢市駅から歩いて外宮を目指しました。

217ise-o1.jpg

駅から徒歩7分ほどで、外宮の鳥居が見えてきました。
ここより先はルビー同伴で入れないので、入口にあった衛士見張所にルビーを預けました。

217ise-o2.jpg

御正宮です。
伊勢神宮では、白い絹の御とばりの前で参拝します。
外宮に祀られているのは豊受大御神。
衣食住の恵みを与えてくれる産業の神様です。
参拝時に目を閉じたら、瞼の奥に一瞬だけ白い光が現れ、神様の気配みたいなものを感じました。
神社に参拝した時、垂れ幕などが風で揺れていたら神様が願い事を聞き入れてくれた証であると聞いたことがあります。
参拝中ずっと、白いとばりが風で勢いよく煽られていたので、嬉しく思いました。

217ise-o3.jpg

境内にあった三つ石。
パワーストーンとして知られるらしく、人々がみな両手を石にかざしていました。
私も両手をかざし、パワーをおすそ分けしてもらいました。

217ise-o4.jpg

亀の頭にそっくりな亀石。

217ise-o5.jpg

風宮です。
鎌倉時代の元寇の際、神風を起こして蒙古を撃退した神様が祀られています。

217ise-o6.jpg

外宮の土地を守る地主神が祀られている土宮。

217ise-o7.jpg

石段を上った小高い丘の上にある多賀宮。
豊受大御神の荒御霊を祀る第一別宮です。

217ise-o8.jpg

多賀宮への道には木々が鬱蒼と生い茂っていて、ちょっとした森みたいになっています。
木々もエネルギーに満ちていて、気分がリフレッシュしました。

伊勢神宮=内宮のイメージが強いので、お伊勢参りの際は外宮に行かずに内宮だけで済ませる人も多いそうですが、やはり私は外宮から参拝することをおすすめします。
内宮に比べるとこじんまりしていて、すぐに観終わってしまいますが、あまり人がいなかったせいか個人的には内宮よりも神秘的なオーラに満ちていた気がします
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://rubyscafe.blog76.fc2.com/tb.php/950-b80419a8
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。